オオタナナエ 台所教室+

nanaeota.exblog.jp
ブログトップ
2008年 09月 09日

ムイネーで食べたもの

ニャチャンから更に南に向ってムイネーへ。
とうとうこの旅最後の町です。

記憶に残った食べ物その1。
c0154399_0572522.jpg
ムイネーから少し離れたファンティエットの市場で食べた、この、丸い餅みたいな食べ物。
旅の途中で何度かみかけていたものの、食べるチャンスがなく、ようやくここで食べるチャンス到来。
興味深々で凝視していると、お店の人が差し出してきた。
またボラれるかも?と思いつつ、食欲に負けて、パクリ。
ムムムー!これはおいしい。
程よいプルプル感がたまりません。
1つでは足らず、値段も聞かぬままもうひとつ、またもうひとつ、と随分食べました。
私たちがおいしい!おいしい!とたくさん言うので、お店の人も嬉しそうにニコニコとどんどん差し出してきて、違うバージョンなども渡してきました。
いやー、たくさん食べました。
じゃ、お勘定はいくら?
というと、なんとまあ「いらない」と言ってきます。
なんということでしょう!!!
この国の市場で、ボラレるという経験は星の数ほど出来ましたが、こんな素敵なこともあるなんて!!!
いやいや、たくさん食べたし払いますよ、みたいなことを言っても、一族そろって「いらない!」の一点張り。
ファンティエットの市場はまだ日本人観光客なんかも少なくて、市場の人も擦れていない感じ。
ぼったくってやろう、なんていう発想もあまりなくて、外国人である私たちが、自分たちが作っている食べ物を、おいしい、おいしいと食べている姿が、純粋に嬉しかったようです。

ファンティエット万歳!
あの一家に幸あれ~~。



さてさて、夜はムイネーで夜ご飯リゾート地であり、漁港でもあるこの街はなんとも田舎くささとリゾート感がマッチングしたいい感じな街です。特にこれと言った見所もないのですが、とにかくイカがおいしいから、必ず行ったらイカを食べるように!と、仙台のベト友ダオちゃんにも言われていたことがずっと頭の片隅にありました。

なので、あらかじめ調べていたレストランで、念願のイカ、それから巨大なロブスターを注文。c0154399_0582939.jpg

巨大ロブスターは頭の部分はお米と一緒に煮て、雑炊に、おなかから下はお刺身にして、ベトナム醤油と一緒にたっぷりどっぷりのわさびとともにいただきました。
お店の人がわさびを入れてくれるのですが、その量が半端じゃない!!
チューブ1本使うのでは??というくらい、ぐにゅーーーーっと入れてきます。
おかげで、ロブスターの自然な甘さは思いっきりわさびにかき消されていました。
それでも、やっぱりおいしい~~。

そしてなんといっても、この雑炊!
c0154399_115517.jpg
スープ全体がえび味噌風味で、コーンポタージュのような甘さもあって、とてもおいしかったです。
旅の最後の夕飯が、こんなにもおいしくて本当に幸せでした。
ゴチソウサマ~~~。
[PR]

by nanaeota | 2008-09-09 00:36 | Comments(0)


<< ムイネー観光と旅のまとめ      ニャチャンで食べたもの >>