人気ブログランキング | 話題のタグを見る

オオタナナエ 台所教室+

nanaeota.exblog.jp
ブログトップ
2008年 06月 28日

ベトナム語の先生と料理

ベトナム語の先生が、生徒3人を集めて、料理の集い。
みんなで市場でお買い物からのスタート。
当然のことながら、ベトナム人の先生はベトナム語ぺらぺら。
いつも私が市場でぶち当たる言葉の壁、今日は先生のおかげでひょいひょいクリアー。
心の底からうらやましい。その口と脳、時々で良いので貸していただけないでしょうか。

でも、ちょっと驚いたのは、サンダルなんかは、ベトナム人の先生にも同じ値段で売られていること。
先生は、高い、と言って結局買わなかったけど、私はベトナム人にはもっと破格なお値段で提供されていると思ったので、すこしびっくり。

あれこれ買い物して、一人の生徒さんのお宅へ。
ご家族で住まわれているおうちなのですが、とても広く、明るく、素敵で、私のアパートとはかけ離れていて、とてもうらやましく。
窓のない部屋で生活している私にとって、この光降り注ぐ空間というのが、今の最大の憧れ。

久しぶりの広い家庭でのキッチンでのお料理、楽しかったです。

先生は、普段お料理は好きではないと言っていたけれど、やはりそこはベトナム人。ベトナム語の先生と料理_c0154399_20393694.jpg

きちんとベトナムの味を知っていて、手際よくおいしいものを準備してくれました。
まず、自分の休日を生徒たちのために提供すると言うだけでも、すばらしい心意気だと思います。
先生のおかげでこうして他の楽しい生徒さんたちとも繋がれたし、本当にありがたいことです。


先生が率先してヌクチャム(ヌクマムの入ったタレ)を作ってくれましたが、先生のおうちのオリジナルのようで、タレにライムの果肉が入っていました。
こういう、おいしい家の味を教えてもらえるのも、プロではなく素人料理人から学ぶ楽しさでもあります。

出来上がったご馳走をテーブルに並べてお昼ご飯。

気がつくと揚げ物三昧でしたが、とてもおいしく、大満足。

デザートは先生がささーっと作ってくれたチェー。
日本でデザートに投入するのは、罰ゲームと呼ばれてしまいそうな、わかめなども入っていました。
違和感を覚える人もいるのかもしれないけれど、私は、こういうのも好きな味。

あーほんとおなか一杯大満足。

楽しい時間、ご馳走様でした。
住み着きたいほどに、快適なおうちでした。
イイナァ。窓。
ボソリ。

by nanaeota | 2008-06-28 20:40 | Comments(2)
Commented by kakilima at 2008-06-28 23:14
市場で買い物からつきあってお料理って最高に楽しそう、いいなぁ。
お宅も立派で素敵。ちょこっと見えるドアやテーブルも。

ところで、私も物価に同じような事を思ったことあります。
現地の人にしてみれば、お給料の割合からいって、
ものすごい物価高だよね。
そう思うと、日本円に換算して安いものも、気軽に安いなんて
気軽に言えない複雑な気持ち…。
Commented by nanaeota at 2008-06-28 23:56
>カキリマさん

そうなんですよー。
家中写真撮りたいくらい素敵でしたー。笑

で、物価。
やっぱり、日本人をはじめとする観光客がほいほい安い安いと買い物することによって、現地の物価をあげてしまっているなら、責任感じますよね。
現地に慣れてくると、そうなんでもかんでも安い、という気がしないし、
確かにいろいろ複雑な思いを抱えてきますね。


<< 日曜日      もりだくさん >>