人気ブログランキング | 話題のタグを見る

オオタナナエ 台所教室+

nanaeota.exblog.jp
ブログトップ
2011年 11月 08日

イリナさん

内モンゴル出身の歌手イリナさんのお宅でお茶を頂く。モンゴルのお茶はこじょっぱい。
お茶というよりはスープ。私は好きだけど、一般的にはびっくりする味かもしれない~。一緒に出されたのは、モンゴルのチーズ。味は薄くて固くて歯が折れそうだけど、お茶に浸して食べ始めると不思議とやめられない。このどちらもが、きっとモンゴルの風土に合った食べ物なんだろうなーと遠い目。
かすかに、はるか遠く大草原が見えた気がします・・・。イリナさん_c0154399_19302578.jpg

さて、なんでこんなことをしているかというと、12月10日に南三陸にイリナさんの歌の支援に遊牧カフェとして私もついていくことになったから。
せっかくだからモンゴルなお茶を!と思いまして・・・。

イリナさんは、日本の人が好む日本のお茶の方が良いのでは?とおっしゃっていましたが、
いやいやそこはせっかくだからモンゴルで!!!と。
たとえ、おくちにあわなくても、こういうもんだ、って飲んでみることは楽しいと私は思うんです。
なので、ちょっとずつ、たくさんの方へ。

お菓子はなにか作ろうかなと思ってましたが、「モンゴル お菓子」で検索してもあまりピン!と来るものは出てこず。もともとあまり甘いものを食べる習慣はないのかなと思いました。

来月まで何か考えます。

イリナさんhttp://www.myspace.com/irinajpnは、私の友達の友達。
先日の遊牧カフェの新聞記事をみてくれていて、是非一緒に!と誘ってくれました。

震災前から故郷の内モンゴルに学校を建てるためにコンサートを開催したりしていて、本当にアクティブで慈悲深い人。
震災直後に生まれた小さい赤ちゃんがいるというのに、今度は被災地で歌いたい!と。

7歳から親元を離れ、歌劇の全寮制の学校で学び、実家に帰れるのは年に一度だけという暮らしをしてきたイリナさん。明るい表情の中に、強さや優しさ、情熱なんかがちらほら垣間見れて、あー素敵女子。年下とは思えない~!

早く私もイリナさんの歌を聞いて、つめの垢も煎じて飲ませて欲しい!
そんなお宅訪問でした。

夕方は、甘酒造りつつ、無花果の甘露煮を煮て、玄米を炊き・・・・。

ベトナムや京都でいろいろおいしいものを好き放題頂いた分、これからはしばらく免疫力アップな食事を心がける予定。
無花果の季節、もう終わってしまったかなと思ったけど、間に合ってよかった。
時間があれば栗の渋皮煮もしたいところだけど、あれって時間かかるしなー。つめ黒くなるしなーー。と悩み中。
急いで秋満喫中。

by nanaeota | 2011-11-08 19:30 | Comments(0)


<< お宅訪問      遊牧カフェ×まめまめ手仕事 山元町 >>