タグ:異国の食べ物 ( 59 ) タグの人気記事


2009年 07月 08日

コムガーホイアンの話

 今月のベトナム料理のクラスのメニューのひとつ、鶏ごはん。
メニューだけは先に決めていたのですが、どんな鶏ごはんにするかは、実は最近決めました。

鶏ごはんはベトナムではコムガーと言います。
コム=ごはん ガー=鶏。
シンガポールやタイにも似たような鶏のごはんがありますが、ベトナムのも大差はなくて、
鶏のゆで汁や蒸した汁で炊いたご飯に、鶏の茹でた物や揚げた物が添えられている食べ物。
タレにその国らしさが出ていたりすることが多いようです。c0154399_2320539.jpg

今回、どんなコムガーを作ろうかなと考えた時、思い出したのが、旅行先のホイアンで食べたコムガー。
旅に出る前に「ホイアンのコムガー食べてみて!さっぱりしてておいしいから!!」と勧めてくれた友人がいたのですが、今まで食べたコムガーはどれも割とコッテリとした肉料理らしい味で、とてもさっぱりともあっさりとも言えないものばかり。
なので、「さっぱり」という言葉には、まったく想像がつかなかったのですが、
いざ食べてみると、本当に驚くほど「さっぱり」してて、びっくり。
ホイアンは、ベトナムの地方でも名物料理が多い都市ですが、その数ある名物料理の中でも、
今のところ私の中で一番人気なのが、そのコムガーホイアンでした。

まず、肉がどどんと乗っていない。
玉ねぎなんかとまみれて、ちらりちらりとしおらしく見え隠れしているかんじで、偉そうではない。
そして、味付けがまさにさっぱり!

夏にぴったりのさっぱりごはんです。
ご参加の皆様のお得意レパートリーになりますように。

写真は、本場ホイアンのコムガーを作るおばちゃん。
[PR]

by nanaeota | 2009-07-08 23:20 | Comments(4)
2009年 05月 27日

今月最後の。

来月のベトナムクラス、平日に!というご要望にお答えして、6月22日(月曜日)11時からも開催いたします。
どうぞよろしくお願いします!



今月最後のベトナムクラス。
幼稚園のママちゃんたちのグループレッスン。
定員を上回る7名でのレッスンでした。
うち1人が、お友達なのですが、幼稚園で猛烈な営業をかけてくれたようで・・・・。
先月にひき続き、ありがとうございます。
今月の営業、トップ成績です。

○○ちゃんのママ!とかって呼び合ったりするのもママっぽくてかわいいとは思うのだけど、
今日の皆さんは、ちゃんとそれぞれの名前で呼び合ってて、お互いの人格を尊重している感じのとても素敵なグループです。
皆さんとっても朗らかで、よく笑って、とても楽しそうで、輝く母たちです。
先月のバインセオなどの復習もそれぞれしてくださったようで、「うちの子はハマッタ!」という方もいらっしゃれば、「うちの子はだめだった!」という方も。
ホットプレートを両手で傾けたりしながら、おうちでバインセオを作られた方もいたようで、おそらくどじょうすくいのようなその光景は是非動画におさめていただきたかった・・・・。笑

今月のおもしろ復習状況もまた来月聞けるのかと思うと非常に楽しみです。

今日は、ベトナムのお土産を頂きました。
c0154399_19491980.jpgハスの実の甘納豆と、ベトナム味のビーフジャーキー。
どちらも非常にハマル味です。
ベトナムのハスの実甘納豆は、独特だなぁと思っていましたが、たぶんパンダンリーフの香料が使われているのでは??と思いました。
推測だけど・・・・どうだろう?
ごちそうさまです~~。

これで、今月のレッスンはおしまい。
どの班もチュルンチュルンの蒸し春巻きと味の染みた豚と卵の煮物を作ることができてヨカッター。
月末は妙な開放感に包まれます。

夕方、1人でドトールのアイスロイヤルミルクティーで、今月の労をねぎらいました。
[PR]

by nanaeota | 2009-05-27 19:49 | Comments(0)
2009年 05月 22日

台湾の蓮の実

ベトナムクラス。
先月もいらしてくださった仲良しグループとはじめていらしてくださった方と。
皆様、非常にパワフルなおねえさま方です。

話題も楽しいことばかりで、明るい気持ちを頂きます。

サクサクと調理して、試食。
どれも気に入ってもらえたようで、たくさん食べていただきました。
ホッ。

食後にデザートの話になって、私は自らの体を使って、和菓子を表現。
教室後、「先生の成りきりデザート最高でした」と生徒さんからメールが・・・。
私、なにやってるんだろう??
だいぶ、体を張って教室をしているようです。
もっと、クールでスマートでありたいと願わずはいられない、32歳春。

台湾のお土産の、ハスの実の甘納豆を頂きました。
c0154399_1949455.jpg
これ、ベトナムだけのものだと思っていたのですが、違ったのですねー。
むしろ、中国が先??
ベトナムで初めて食べて、これはおいしい!と思って、はまったもののひとつでした。
台湾のは、ベトナムのものより、粒が一回り大きくて、実がしっかりしている感じでした。
ハスの実自体が、中国産のはとても大きくて、ベトナムのは小粒ちゃんでした。
日本の蓮はどうなんだろう??と気になるところです。

楽しい時間ありがとうございましたー。
また来月!
[PR]

by nanaeota | 2009-05-22 19:50 | Comments(4)
2009年 05月 15日

テレビ

6月のクラスのご案内アップしました。→ コチラ!

青色申告の説明会へ。
去年まではラクチンな白色申告だったのですが、今年から青色申告を試みることに。
誰から聞いても「面倒くさい」の一言の青色申告。
一応メリットもあるようだし、このことを通して、いろんな世のことを知る機会になればなと・・。
なにぶん、社会のことわからないことだらけなので。
面倒そうだけど・・・。
がんばります。

生徒さんから、「今晩NHKでホーチミンがでますよ」とメールを頂いて、ワクワク。
あまりテレビの番組表などを見ることのない私、ベトナムがらみのテレビは観たいと思いつつも、
見逃しがち。
そして、そのあと、「昨日観た?」って誰かに言われて、ぽかーんとしがち。
周囲のみんなは、私が暮らして、魅了された国として、いちいちベトナムがらみと聞くと観てしまうらしい。
そんなことが頻繁にあったのですが、今日は予告してくれたので、ちゃんと観れました。
映画館でもないのに、5分前にテレビの前で待ってました。笑

世界ふれあい街歩き
という番組でした。

街のメインストリート的なところはあまり映されなかったところがかえって新鮮な感じでした。
ホーチミンの船着場から大きくぐるりと1周。
見慣れた景色も、見覚えのない景色もなんだか全てが懐かしく・・・。

行った事もないクチトンネルまで、あたかも行ったことのある場所を観るように、回想っぽく、観てしまいました。


まもなく帰国5ヶ月。
c0154399_0274715.jpgつい最近の出来事だった数々の記憶が、徐々に思い出っぽく、ふわふわしたものに変わりつつあります。

いろいろ思い出して、ぽわわんとなったので、今日の写真は、久々にベトナム。
市場内のチェー屋さん。
あ~~~。チェー食べたい。
[PR]

by nanaeota | 2009-05-15 23:48 | Comments(2)
2009年 05月 05日

ドイツごはん

ドイツ女子と愉快な仲間達が遊びに来てくれて、楽しいドイツごはんを作る。
c0154399_20528.jpgドイツの山ちゃん(ドイツ語で山っていう意味の苗字らしい)こと、ユリアはとても知的な女の子。
実は自国では作ったことのない、ドイツの主食的だんご?を作ってくれました。
パンを刻んで、卵や牛乳、卵なんかとぐちゃぐちゃに混ぜて、それを丸めて布に包んで、布ごとゆでるっていう、私にとって未知な料理法を見せてくれました。
世界にはまだまだ食べたことのないものがたくさんあるんだなあと感心。








ドイツのお友達に教えてもらったというドイツの煮込みを披露してくれたKっち。
c0154399_202678.jpgこれまた非常によく出来てましたーー。
ありがとう、ごちそうさま。

だんご的食べ物を切って、煮込みをかけて食べる。

新しいお料理との出会いはとても楽しいものです。

山ちゃんの持ってきてくれたドイツのチョコレートのミルカ。
私がフランスにいる時によく買って食べていたものでした。
あー、やっぱりドイツとフランスは隣の国なんだなあと感じました。
どこの国同士でも同じだけど、ドイツとフランスもどうもお互いの事を褒めないし、仲が悪そう。
それでも、おいしい食べ物はひょいと国境を超え、普通にスーパーに並んでいるんだなぁ・・・。
食べ物の力ってすごい。

私の教室でも、こうして何か珍しいものを作るときには、決まって想像以上の人々が集まってきてくれます。
私のトークショーだけでは、きっとこんなに人は集められないので、やっぱり食べ物ってすごいなと感心しています。


今日も、おしゃべりがとまらず、時を過ぎてもシンデレラたちは帰宅せず、外では変な鳥(こうもり??)の鳴き声が聞こえてました。
[PR]

by nanaeota | 2009-05-05 01:46 | Comments(6)
2009年 03月 18日

最近の暮らしとミークアン

久しぶりの更新になりました。

昨日まで2泊で東京からお友達が遊びに来てくれていました。
松島にいったり、温泉に行ったり、パンを教えてもらったり、お菓子を一緒に作ったり、
とても充実した3日間でした。
前後がちょっと忙しい時期だったこともあり、全くたいしたおもてなしは出来なかったけれど、
何を作っても、リアクション大き目に喜んでくれて、とても嬉しく楽しかったです。
朝から晩まで、おしゃべりも堪能、笑い転げ、喉カラカラ。
朝、目が覚めた瞬間から、布団の中で、フンフンフ~ンと鼻歌を歌い始めるお友達。
非常に陽気なかわいい若奥さんに、楽しませていただきましたー。

また遊びに来てね~~。


さて、今日はー。c0154399_0553152.jpg

ベトナムのニャンさんのおうちのお昼ごはんにおよばれ。
ベトナムには米の黄色い麺で出来た、ミークワンという麺料理があるのですが、
それを日本の食材で素敵に作って、振舞ってくれました。

きしめんをターメリックで色づけして作った、大根たっぷりのミークワン!
きしめんさんもまさか、こんな風に調理されると思ってなかったようで、
黄色になりつつ驚きの表情を隠せないもよう・・・。

すごくおいしくて、その上素敵な工夫がいっぱいで、元気になれるお料理でした。

日本でベトナム料理を作るとき、食材調達に躍起になってしまう私。
でも、こうして、日本に住むベトナム人も、日本にあるものをうまく取り入れて、
上手にベトナム料理を楽しんでいるのです。

高価な輸入食材はたまにならいいけど、頻繁に買える物ではないし、そしてなにより、
日本のもので手軽に作れるという工夫が楽しい!!c0154399_0555484.jpg

ホンモノに近づこうとするあまり、○○がないとダメとか、日本では・・・とかつい言いがちな私ですが、
時にはもっと、門を広げることがあってもいいのかもしれないなあと感じました。

ニャンさんは、私の料理教室のこともいろいろ相談に乗ってくれて、本当に助かります。
応援しているから頑張って!と、はっきりと口に出して励ましてくれて、力をくれます。

ミークワンの麺をチュルチュルとすすり、口の周りをほんのり黄色に染めながら、今日もおしゃべり。

ニャンさんは、ベトナムにいた頃、偶然にも私が去年通っていた、ホーチミンの婦人会館の料理学校に通っていたそうです。
あの学校って、ビニールに料理入れて持ち帰るよね・・とか、時々おかしな料理が登場するよね・・とか、妙な話で盛り上がりました。
それでも楽しかったあの学校。
いつかまた行ってみたい。

食後は、ダラットの農園から取り寄せたというオリジナルのコーヒーやら、ドイツにいる妹のダオちゃんから送られてきたというお茶やら、いろいろ振舞ってくれました。
最近もてなし側が多かった私、やっぱりもてなされるのも楽しいワ。
そして、自分のもてなしのたくさんの至らない部分に気がつかされるのも、そんな時。

また遊びに行きまーす!
[PR]

by nanaeota | 2009-03-18 00:30 | Comments(0)
2009年 03月 15日

誕生祭り

ベトナム留学生のハオくんとミンさんご夫婦の赤ちゃんフィくんのお誕生1ヶ月パーティへ。c0154399_2341178.jpg

生まれたての赤ちゃん。
あたたかくて、産みたて!って感じで、すごくかわいかったー!!
赤ちゃんはその場にいるだけで、大人たちにプラスのオーラをばら撒きます。
し~あ~わ~せ~~~~♪

ベトナム留学生には小さな子供達がいっぱい。
そして、ベトナムの大人はみんな子供大好きで、他人の子でも我が子のようにいとおしそうに、触れたり、眺めたりしているので、どの人の子なのかわからないくらい。
どの子のことも「皆で育てている」感がして、すごく良い。
日本も昔はこんなだったのかなぁ。




留学生のみんなが作ってくれたおいしいご馳走の宴。
c0154399_2335360.jpgあーどれもこれも素敵なベトナム料理!

私はベトナムプリン(ちょっと生クリーム+のオリジナル)を持参しました。

ベトナムっ子たちが、「懐かしい!」とたくさん食べてくれて、ちゃんと懐かしさを感じてもらえる味で一安心。
「生協のプリンよりずっとおいしい!」というリアルな褒め言葉も面白かった。


ベトナム留学生達は、知らない人でも、目が合えばにっこり笑ってくれて、あー、ベトナムってこんなだったなと懐かしくもあり・・・。

雪が降って寒い夜だったけど、すごくあたたかい宴でした。

フィくんの健やかな成長を祈って・・・・。
[PR]

by nanaeota | 2009-03-15 02:34 | Comments(3)
2009年 03月 10日

本日もお客さま

 本日も、お客さま。
先日お邪魔したイタリア料理のイク先生とあすかちゃん。

あれこれ、ベトナムごはんを用意して待っていました。

今日作ってみたのは、ベトナムの玉子焼きと、イカの肉詰め、蒸し野菜。c0154399_1915067.jpg
味が濃いものばかりになってしまったので、ごはんが進む食事なので、コムタム屋さん風に、ごはんに乗せて~。

昨日のお客様に続いて、華奢なのにゆっくりたくさん食べられるお客さんで、今日もたくさん食べていただきました。

今日もキュートなあすかちゃんも大人な味覚の持ち主なようで、とてもステキな食べっぷりを披露してくれました。
用意しておいたビスケットを箱から出したら、そこがおやつ箱だと認識したようで、そこを指差して「あけて♪」と言われました。
幼い頃、知人の家に行き、そこの家のお菓子棚ばかりを凝視して、家にかえってから姉に怒られた遠い昔の自分を思い出しました。
そうか、私もかわいく「あけて♪」って言えばよかったのかーぁ。

あすかちゃんと戯れつつ、イク先生とご歓談。
教室をはじめるにあたって、いろいろ質問したかったことも、土足で入り込んで聞いてしまいます。
いろいろオープンに答えていただけて、本当に助かりました。

あ、お土産も相当ステキな品々でした。
おいしい手作りパンに手作りイタリアのキッシュ風なもの。小さいお子さんがいても、こんなにあれこれ準備できるなんてさすがだわ。
味は、私が批評するのも恥ずかしいほどに、もちろんおいしく頂きました。

そして、一番おどろいたお土産は、イタリア製のシリコンのハケ!
普通のハケの毛の部分がシリコンで一本一本できているのです。
これなら、衛生的だし、毛がぬけて食べ物につくという良くある失敗がない!
すごい!
私はとても道具に疎いので、時々こういうものに出会うと、非常に度肝を抜かれ、
通信販売の司会の人みたいに激しくのけぞり、驚いてしまいます。
でも、本当に驚いた時しかできないので、司会の人にはなれません。

そんなこんなで、今日も楽しい1日でした。
[PR]

by nanaeota | 2009-03-10 19:16 | Comments(2)
2009年 02月 15日

「オオタナナエで検索」

お昼は、イタリア料理教室へー。c0154399_2175616.jpg
来月、ベトナム料理教室を開催することになったvilla baroccoでのイタリア料理教室。
ニョッキとサルティンボッカ、とても簡単でおいしかったー。
サルティンボッカは、勝手に口に入ってくる(やめられないほどおいしい!)という意味だそうです。
サルティンボッカは本当にサルティンボッカでした。
クラスにいらした方たちも、みなさんイタリア語を勉強されている方だそうで、なんだか素敵なオーラが。
穏やかで楽しい時間でした。
今度家でも作ってみよう~~。

夜はまた、別の楽しい集いがありました。

ハノイでたった一度だけお会いしたサナエさん。
仙台出身ではないのですが、仙台にユカリのある方で、今一時帰国中で、仙台に来るから、ベトナム関連の人たちと集まるので、是非!と声をかけてくださいました。

たった一度しか会ったことがないのに、そんな風に、思い出してもらえて、それだけでもとても嬉しくて、ウキウキと出かけていきました。

ベトナム好きなみなさんや、ベトナム関連のボランティアをされている方が大半の集まりで、
どの方と話をしても、すごく楽しくて、口が10個くらい欲しいくらいでした。うるさい?
素敵な方のお友達はやっぱり素敵!ってよく言いますけど、本当でした。

とてもおいしいお料理をたくさん準備してくださっていて、サナエさんがハノイから持ち帰った食材もフル活用で、まさか日本で食べられるなんて!!といういろんなものが食べられました。

ベトナムから帰っても、こんな風に楽しくベトナムと繋がれてとても嬉しい。
全くもって、ボランティアとも無縁で、その上、無芸な私なのに、ポコンとこんな楽しい集いに混ぜてもらえて、本当にラッキーでした。
人運は常にあります~!

サナエさんから、たくさんベトナム土産も頂いてしまいました。
c0154399_2182779.jpgなんだか、どれもこれも懐かしく思えて、心は遠くベトナムに行ってしまいそうでした。
私の手元には、もうほとんどベトナムのおやつはなくなってしまったので、貴重です。

今日お会いしたいろんな方に、ブログと教室の宣伝を「オオタナナエで検索すると~」と、させていただいたのですが、皆さん無事に見つけられたかしら??

新しい楽しい出会いがたくさんのとても贅沢な一日でした。
心もおなかも、大変ごちそうさまでした。
[PR]

by nanaeota | 2009-02-15 02:03 | Comments(4)
2008年 11月 15日

コムタム

新しいお友達が、更に新しいお友達を引き合わせてくれることが多い最近の暮らし。
今日も、そんな日でした。
ホーチミンでの日本人コミュニティはとても狭く、すぐに一方的に知っている有名な?方ともお友達になれる可能性が転がっています。

ただ、一方的に知っていると思っていた方でも、私のことをブログで予習してきてくださる方も多く、「みました」と言われると、「変なこと書いてなかったかしら?」と一瞬あわてます。
まあ、よくよく考えてみれば、むしろ変なことしか書いていないので、あわてても遅いのですが。

今日も楽しい初対面ランチ。
ホーチミンで一番おすすめだというコムタムのお店に連れて行ってもらいました。
行ってみたい!と思っていたお店だったのでとっても嬉しいー。

コムタムはくず米を炊いたものに、おかずの乗せて食べるベトナムの庶民の食事。c0154399_21553668.jpg
くず!と呼ぶには申し訳ないほどおいしくて、魅力あるベトナムの味です。
日本のくず米でもこんなのができるのかなぁ。
上に乗せるおかずは、自分で選びます。
私は欲張って、豚と卵焼き?を注文。
ごはんの上にてんこもり!
うわわわ~~おいしそ。

コムタムは最近チェーン店のオシャレなお店が多いのですが、
やっぱりこういうローカル色の強いお店の方が断然おいしい!

なんというか、お米もふっくら、おかずも「作った感」があって、美味。

我が家からはちょっと遠いのですが、他のおかずもおいしそうだったので、
また行きたいな~。

その後はジャズが一切流れていないジャズカフェへ。

でも、おしゃべりするにはちょうど良い場所で、皆でおしゃべりに花が咲きました。
楽しい方に出会えても、もうすぐお別れというのはわかっているのは、少し寂しい出会いです。
でも、ベトナムで会う人々は、みんなフットワークが軽そうで、フワフワ~とどこでも行けそうなので、きっとまた、会おうと思えばどこでも、誰とでも会えるんだろうなぁと、最近思います。

ベトナムに来てから、誰かに出会うと、その人がまた次の出会いを繋いでくれるということが、連続しています。
暴言だらけの私なのに、皆、大切なお友達をシェアしてくれてありがとうございます~。

おしゃべりに時間を忘れ、ふと気がつくと、ちょっと外が暗くなっていました。
[PR]

by nanaeota | 2008-11-15 21:56 | Comments(2)