<   2008年 08月 ( 30 )   > この月の画像一覧


2008年 08月 31日


学校が今夏休みなので、明日から、少し長い旅に出ます。

中部のフエまで一気に電車で移動して、その後、ホイアン、ニャチャン、ムイネーなどの街をめぐりつつ、チビリチビリとバスで南に降りてきます。
この国では、思いのほか乗り物での旅が快適なようなので、安心しました。

なんか、もっと、これぞアジアっていう、ギュウギュウすし詰めバス&電車を想像してたのですが、まあそういうのもあるのかもしれないけど、バスも電車も席にランクがあったりして、
予約ができます。
というか、予約しないと良い席は乗れないようです。

日本国内だったら、良い席(つまりグリーン車とか?)は絶対乗りませんが、
ここは長旅の疲労を予想して、高めの席を予約しました。

相変わらずパソコンは置いていくので、日記は帰ってきたらまとめ書き?
もしくは、旅先のホテルなどでパソコンと暇に出会えば。

きちんとスケジュール立ててないので、何日に帰ってくるかはちょっと不明。
まあ、料理学校が11日からなので、その前にはゆとりをもって帰ってくる気持ちではいます~。

ではでは行ってきます。
[PR]

by nanaeota | 2008-08-31 20:48 | Comments(0)
2008年 08月 28日

メイドさんと月餅

先ほど、3日ぶりの外出でスーパーに行ってきました。
こういうヨレヨレの時こそ知人に会ってしまうものなのですねー。
でもまあ、久々に水を購入できて一安心。

風邪をひく予感だった前日、やばいかもと思って水を多めに買っておいて大正解でした。
いつもは、重たいので面倒でぎりぎりしか買わないのですが。

まあ、いざとなったら、メイドさんに頼めばいいかなと思ったのですが、
彼女は、普通に沸かした水道水を飲んでいるので、
「コレ飲めばいいじゃん!」とか言われても、嫌とも言えないしなーとか、
いろいろ考えてましたが、その心配もなく、風邪も回復。

そういえば、3日間、すべて食事の世話はメイドさんでした。
本当に、この人がいなかったらば、本当に大変な数日だったと思います。

最近は、夜はなぜか近所のメイドさん仲間も一緒に3人で夜ご飯を食べてます。
はじめは、今日だけかな?と思ったのですが、
ここ数日、毎日来ているので、毎日そうすることに決めたのかなー。
明るくていい人なので、女子3人でかしましく、とても楽しい時間です。
2人にとって、私はとても可笑しな存在らしく、何をしても笑ってくれます。
あー、日本語だったら、私、もっと面白いのに!とか思ってしまう私もどうかと思うけど。

この国には、ずっとベトナムにいればー?と、意味もなく私を引き止めてくれる人々が多いのですが、最近メイドさんもそのチームに入ったようで、帰国のことを妙に気にしています。
私が帰ったら、確実に仕事は減ると思うのだけど、それとこれとは別問題?

食後に、この前学校で作ったのをもらってきた月餅を3人で食べてみました。c0154399_2142516.jpg
この月餅、肉から木の実から、本当にやたらくたらといろんなものが入っているのです。
日本人の私としては、ぜひともプレーンなあんこ一色の月餅を食べたいものなのですが、
ベトナム人はきっとこの味好きなんだろうなーと思っていたのだけれど!!!

一口食べて、「私は好きじゃない!」って言ったら、2人とも好きじゃないって。
きっぱり!はっきり!
やっぱり、ベトナム人もこれはおいしいってわけじゃないのかしら。

見た目にはとても美しい月餅は、大不評に終わりました。
[PR]

by nanaeota | 2008-08-28 21:43 | Comments(0)
2008年 08月 28日

象さんが

サイゴン川にお散歩に行ったら、象さんが・・・・。
c0154399_14392414.jpg









なんてことは、ここホーチミンではありえないことで・・・。
お友達がマレーシア旅行に行って、そのときの写真を送ってくれたのでした。

風邪っぴき引きこもり生活3日目突入で、メイドさん以外の人間に接触していないので、
誰にも悪態つくことができず、退屈してるのでつい。

ベトナムにはこういう野生みあふれる象はいるのでしょうか?
観光地などでの、しっかりとつながれた、陸で飼いならされた象しかみたことがありません。

マレーシアも面白そうですね。

自分も海外にいるくせに、誰かが海外旅行をしたという話を聞くと、いいなぁと思ってしまう私。
もっとベトナムにいる幸せ、かみ締めなくちゃー。


おかげさまで風邪もだいぶ、治ってきました。
たぶん熱はもうありません。
ただ、来週から長めの旅行に行くので、大事をとってだらだらしてます。
風邪を引いたと大騒ぎしたので、メールやお電話をいただきまして、ありがとうございました。
心配されないと回復しないので、嬉しいです。

ただ、国全体が暑いので、具合が悪くて暑いのか、ただ暑いのか本当にわからなく。
今は、冷房21度に設定しているのに、部屋の温度計はなぜか33度を指しています。
壊れているのは、冷房?温度計?私の設定?
いったい外は何度なの~~??

最後にもう一枚。
c0154399_1454210.jpgこちらもマレーシアの一枚。
はい、再度来ます、と言ってしまいそうな力強い命令口調。
[PR]

by nanaeota | 2008-08-28 14:54 | Comments(0)
2008年 08月 26日

本気で風邪

完全に風邪をひきました。
暑くて、扇風機に当たって寝たりしてしまうので、風邪をいつ引いてもおかしくない感じではありました。

体温計がありませんが、多分38度越えです。
フゥ。

ずーっと風邪ひきそうな予感を抱えてたのですが、どかんと本日やってまいりました。

本日、今月の料理学校の最終日で修了書がもらえるということで、這ってでも行かないと・・・ということで、ちらっとだけ行って、早退。

あー、こういうタイミングの悪いところで風邪をひくところは、子供の頃から変わっていないー。

メイドさんにおかゆ作ってもらって、甘やかさせてるのでそのうち治るでしょう。

たまには熱も出さないとね。

今週はお食事の約束とかたくさんしてたのに、約束破りですみません。
完治したらば必ずや!!
[PR]

by nanaeota | 2008-08-26 14:51 | Comments(0)
2008年 08月 25日

韓流スターとお菓子作り

お菓子クラス2日目。
本日は10名様のご参加で、お部屋ギュウギュウ。
先月参加してくださった方が、またたくさんいらしてくれて、本当にありがとうございます。
皆さん、ホーチミンの生活を本当に素敵に満喫してらして、いつも楽しそうで、あこがれます。
本日は、日本人6、韓国人4の日韓クラスになりました。
アニョハセヨー。

で!
なんとびっくり、その中に韓国の女優さんだと言う方がいらっしゃいました。
ご本人は何もおっしゃらずにいたのですが、全く何も知らずに受講した他の韓国の生徒さんがびっくりしていて、動揺してました。
ベトナムに住むお姉さんと、韓国から一緒に遊びに来たというお母様の3人でいらしたのですが、3人ともなんか妙に綺麗で、肌つるつる、室内でもまぶしくないのにサングラスしてるし、セレブな一家なのかなぁと思ってました。
あとあと事実を聞いてびっくり。

김규리キムキュリさんという女優さんらしいです。
家に帰って、検索したらたくさん出てきたので、やはり有名な女優さんだったもよう。

がんづきなどという野暮ったいお菓子を、こちらで駐在の素敵な日本人マダムたちに指導するのも多少ためらわれたのですが、知らずに韓流スターにも教えていました。
まあ、おいしいと言ってくださったので何よりでした。

巨大がんづき、皆さんのお口に合うかしら?と心配してましたが、皆さんに気に入っていただけたようで何よりです。
是非、この南国ベトナムにて、がんづきブームをみなさんに起こしてほしいものです!!

あ、女優さんとも写真撮ってもらいましたが、肖像権とかで訴えられても困りますので、
載せないでおきます。
っていうか、細くて美しい彼女の脇でニヤニヤしてる、本来のグダグダに加わって労働後のベタベタ感いっぱいの見苦しい私をここに載せることの方がためらわれますが。

そんなこんなで、楽しい教室でした。
すでに来月お申し込みの皆様、ありがとうございます。
まだの方、お申し込みはお早めに。笑

ベトナムには、もともと勉強だけのつもりで来たのに、まさかこんなに楽しく教室ができるとは夢にも思っていませんでした。
本当に、とても恵まれていると感じています。
カムサハムニダー。
[PR]

by nanaeota | 2008-08-25 19:34 | Comments(2)
2008年 08月 24日

お菓子教室、2回目

自らがとても楽しみにしていた、第2回お菓子教室の初日。
本日は、みちのくのお菓子がんづき(黒糖蒸しパン)マンゴプリンパフェ。

実は、今日に至るまで、試作の連続でした。
というのも、日本で何十回も作って、一度も失敗したことがない、
がんづきが、こちらに来て全くもってうまくできず。
原因も確定できず、実はとても凹む日々でした。
何度も、教室に足を運び、忙しいのに試作に快く付き合ってもらって、
そして、強制的に試食もしてもらって。
連日失敗作なのに、あたかもおいしいもののように食べてくれて、
そして、娘ちゃんにも毎日喜んで手伝ってもらって、モンモンすることなく時間をすごすことができました。
8歳のナルちゃんは、最終的には一人でがんづきを作れるレベルのお手伝いができるようになってました。
いつも、「楽しい、楽しい」と言ってくれて、私が金持ちな先生だったら、アナタを弟子にしたいですと思う日々でした。


材料、環境、などいろんなことをできる限り改善して、
ちゃんとしたレシピがやっと完成したのが、なんと昨日でした。今だから言えますが。c0154399_23545762.jpg

大きく、ぽんぽんに膨れたがんづきが完成したときの充実感は、
なんとも表現しようがございませんー。
ちょっとう大袈裟?

そんなこんなで、やっと一安心で眠れて、迎えられた本日。
生徒さんは前にベトナム料理のクラスでご一緒した日本の駐在のかわいい奥さんと韓国の若い女の子。
生徒さんが外国人だと、レシピも英語も用意しなくてはいけないし、
2ヶ国語での説明ということで、仕事量は増えますが、
純粋に外国の方も楽しんでくれたという事実はとても喜ばしいこと。
というのも、前回、なにげにこの一人2ヶ国語説明というやり方が不安だったのです。
日本語だけの説明でも、時々、「あれ?今私何しゃべってたんだっけ??」と思うことがある、
ちんぷんかんぷんな私。
ましてや、全くもって自信のない英語が加われば、パニックに陥るチャンスは倍増!
でも、生徒さんたちがかもし出す、温かい雰囲気に大いに助けられて、今回も楽しく教室ができました。

がんづきも、マンゴプリンも大成功!
c0154399_021126.jpgどちらも、喜んで食べていただけたので、これまた一安心。
日、英、ベト語ミックスの楽しい教室になりました。

来月もお待ちしておりますー。
え、来月もやるんですか??って思った方へ。
はい。来月もやらせていただきます。
メニューはバナナのガトーショコラとざぼんのコンフィチュールです。
ベトナムのおいしいバナナで作るガトーショコラは、私が個人的に食べてみたい1品で・・・。
日程等は、日を改めて宣伝させていただきます。

今日いらしてくださった方が、来月も来てくださると言って下さって、これまた、とても幸福な気持ちに。
本当にありがとうございます。


夜までだらだら居座って、富沢家の夕飯に便乗。
こんな私が夕食に居とどまることをとても喜んでくれた娘ちゃんズは、本当に育児書に出てくる良い子供のサンプルみたいな、あいらしさ。
連日、富沢家に通いつめたおかげで、私の机の中は、プレゼントされた折り紙でいっぱいになりました。

久々のノン化学調味料な食卓。
舌、食道、胃、腸、すべてにこびりついたグルタミン酸を洗い流してくれそうな、
おいしいおいしい鍋でした。

得体のしれないこの私を、広い心で受け入れ、いろいろ楽しい提案をしてくださる富沢夫妻には、心からお礼を申し上げます。
お話していると、勝手にいろいろ夢膨らんで、頭の中が妄想のふわふわでいっぱいになりました。

おやつには、私が食べてみたくて持参したハイランズコーヒーの月餅を。
ハイランズコーヒーは、日本で言うところのスタバみたいなコーヒーショップなのですが、
飲み物の値段なども、日本並みで、こちらの物価にしては、えらく高級店なのですが、
落ち着くし、フードもそこそこおいしいと評判です。
そこで、ちょっと変り種のオシャレな月餅というのを売っていて、味もいわゆる木の実ぎっしりの月餅じゃなくて、チョコ皮にイチゴ餡、とかコーヒー味とか抹茶味とか、一ひねりなお菓子なのです。
ちょっと前から気になっていたのですが、一人で食べる大きさではないので、
今日がチャンスと思って朝に買いに行ったのですが・・・。
そこで、ちょっとした事件。
頼んだのは月餅2個だったのですが、手渡されたのは、割と大きな箱2つ。
たいして大きい月餅でもないのに、ひとつずつ入れてくれるなんて、丁寧だけどもったいないなーと思い受け取りました。

オーバーランドクラプに向うタクシーの中で、月餅の大きさを確認しようと、ひとつの箱を開けると、なんとまあ、全然関係ないチョコレートケーキが入っていました!
え!!!!もしかして、もうひとつも箱も関係ないケーキ??と思いあけてみると、そっちにはきちんと月餅2つが重なって入っており。
どうやら、店員さんが何か間違えて、ケーキも入れてしまった模様でした。

もっと早く気がつけば、返しに行ったけど、すでにタクシーの中で、手遅れ!ニヤリ。
ということで、これもおいしく食後にいただきました。

うーん。さすがベトナム。

そんなこんなで??とても楽しい1日でした。
明日もお菓子教室2日目です。
また、皆さんに1ヶ月ぶりに会えるのがとりあえずは楽しみな私です。
[PR]

by nanaeota | 2008-08-24 23:02 | Comments(2)
2008年 08月 23日

一期一会

夕べは皆でディスコへ社会見学?
今はこういう場所はクラブっていうんでしょうか。
日本では、こういう場所にはほぼ無縁な私。
でも、海外に行くとなぜか、そういう騒々しい場所も見てみたくなります。

翌朝の早起きに備えて、昼寝してから、夜に挑む。
夜、花火に行く前のちびっこみたいです。(31歳)

ま、ベトナムだし、一昔前な、本当にディスコっていう言葉が似合う感じのところなのかしら、
と思っていたけど、そんなことはなく、割と今っぽくおしゃれな感じ。
まあ、日本でそういう場所で遊びなれてないので、このオシャレ度がどんなものなのかはよくわからないけど、少なくとも、カナダやフランスの田舎にあったそういう場所よりは、モードの香りが漂ってました。

システムは10万ドン(700円位)で飲み物2本込みの入場チケットを買うというもの。
日本からすれば安いけど、この国では割とお金のかかる遊びの類なのかなー。

初めて会った日本人のヤングチームとも仲良くなって、新しい友達も増えてうれしーぃ!と思っていたら、そのうちの一人の子が2日後にハノイに転勤だそうで、「はじめまして、さようなら」な感じになってしまい、とても残念。

翌朝早くから学校なので、1本目はビールを飲んだけど、2本目はオレンジジュース。
「学校のことなんて忘れて飲んじゃえー!」とか、絶対に思えない冷静な自分に、多少、人としての面白みのなさを感じつつも、周りのパワーに圧倒されて、ギンギンギラギラとても楽しい社会見学でした。

そして、3時間の睡眠時間で、本日、きちんと学校へ。
朝、ぼやぼやしすぎて、カメラ忘れました。
睡眠不足はこんなところに表れますね。
それはそれは美しい月餅をつくったというのに。

材料がものすごく多くて、ベトナム語の材料を理解するだけでも一苦労。
皆相変わらずとても優しくて、材料のひとつひとつを私のところに持ってきてくれて、
これがコレだよ、とレシピを指差して教えてくれる。

このクラスが始まったとき、本当に皆親切で、とても嬉しかったけど、
まあ、私が外国人だし、正直、ものめずらしさもあって、最初だけ親切なのかなとか、ちょっと斜に構えてたところがありましたが(ひねくれ者なので)、でも、全然そんなことなくて、
みんな、回を重ねるごとに親切になっていくことに、感動。

最初は、ぶっきらぼう風だった女の子まで、なぜか今は親切で、ぴたりと寄り添ってきたりして、なんか不思議。


あと一回で、今月のおやつクラスはおしまい。
一番私の面倒を見てくれた人が、カナダに移民してしまうということで、今月でお別れ。
彼女も「せっかく会えたのにもうお別れでとても寂しい」と言ってくれて、寂しいけどほんわかしました。

たくさんの楽しい出会いの全てに別れもあること、そしていつも別れの時に、その出会いがいかにすばらしかったかを教えてくれること、そんなことをぼんやり考えながら、汗だくだくで家に帰ってきました。

さて、また今からハードな午後です。
がんばって、行って来ます。
[PR]

by nanaeota | 2008-08-23 14:29 | Comments(2)
2008年 08月 22日

応援グッツ

誕生日でもない私のもとに、小包みが届きました。

大家さんが、「なんか届いてるよー」と教えてくれて、その際、大家さんが郵便屋さんに立て替えてくれたという不明な9万ドン(700円)をお支払い。
え?何代?
そして、この届いたものは何??

箱を見ると、見慣れた友人の字でした。c0154399_22415349.jpg
そういえば、先週、手紙書くから住所教えてって言われて教えたなー。
手紙って言ったけど、ワオワオ!なんか大きな包みだよ。
9万ドンのことは忘れ、テンションがあがります。

誕生日でもないのにありがとうー。




まずはお手紙①
手作りと思われる朝顔の折り紙がたくさんついたカラフルなはがき。
おー!なんかこういう緻密な作業に愛を感じるじゃないですか!!




そして、お手紙②
c0154399_22422754.jpgだらーんと垂れる、この朝顔のさやわかなポストカード。
①だけでもよさそうなものなのに、2つも入れちゃうところが、なんとも彼女の太っ腹な素敵なところ。
朝顔の花言葉「愛情」「平静」「結束」「明日もさわやかに」と書いてあります。
朝が苦手で毎朝ちっともさわやかじゃないので、
明日からコレを見てがんばります。
扇風機の風で、必要以上に回ってます!

それから、私の脳を心配してか、活脳クラシックのCD。

あ、ちなみに、私のパソコンはCD聴けないんだけどね。
ありがとう。
とりあえず、CDに耳当てて、心で感じておきました。

それから、ハーブティーにアロマオイル。
これが、ベトナム産蓮茶と、風呂なしの私に入浴剤、とかだったら、オチ100パーの面白プレゼントだったのに!


添えられた手紙によれば、この3点は、「がんばれ!!ななえちゃん応援グッツ」なんだそうで・・・。
この妙な力の入った応援グッツと、ウラハラな怠惰な私の日常に少し反省。
応援、心にがっちり伝わりました。

とにもかくにも、いろんな意味で頂いた贈り物を楽しみました。
本当にどうもありがとう。

大人になってからは、ずーっと、周囲にあきれられてもおかしくないような、奔放すぎる選択肢を選び続けてきたのに、いつも皆が、力いっぱい応援してくれることは、とても幸せに思います。
友は宝です。



支払った9万ドンは、領収書を見るとどうやら税金っぽい。
友人の支払い不足をちょっぴり疑いましたが、そんなことはありませんでした。
海外小包なんだから、そりゃそうですけど。

しばらくは、朝顔を眺めて、日本の夏を感じて暮らします。

ドウモアリガトウ。
[PR]

by nanaeota | 2008-08-22 22:42 | Comments(0)
2008年 08月 21日

フル活動

朝は料理学校、その後はオーバーランドクラブで試作、夜はまた料理学校というハードな一日。
がんばれ私!

朝の学校は、月餅!
c0154399_084945.jpg
ベトナムでは8月15日らへんからの1ヶ月間、お月見月間のようなお祭りムードで、
町中に月餅屋さんが並びます。
なので、学校でもこの時期、月餅を作るみたいです。

月餅には焼くタイプと、焼かない餅タイプがあるとかで、今日のは餅タイプ。
綺麗に細工されたプラスチックの型に押し込んで、形作ります。
写真はボケてますが、実物は美しいの一言。

月餅は、ご存知どおり中国のもの。
それが陸続きのベトナムにも、うまいこと伝わってきたのでしょうね。

型もいろいろ売っていて、生徒の一人が、かわいい豚型を持参してきてました。
豚型のかわいい月餅が出来上がると、なぜか真っ先に私に手渡されました。
深い意味はないことを祈ります。笑

c0154399_2359180.jpg朝昼夜と一日フル活動でしたが、好き勝手なことをやっているだけなので、
今日はそんなに疲れず、夜はチェーを食べに。
適当なお店を探して、大当たりだったら喜びも大きいはず!ということで、
行き当たりばったりなお店に入ってみましたが、
やはりお客さんの少ない店は、それなりで・・・。
残念な結果に終わりました。
ベトナムに来た当初は、チェーと名のつくものなら、何でもおいしいと思っていましたが、
そんなことはないこともわかりました。

トッピング食材の一つ一つのこだわりや、ココナツソースの甘さ加減。
おいしさを決定付けるものが、チェーにはたくさん詰まっています。
そこいらのカフェにはチェーが置いていないのも納得。
簡単そうに見えて、とても複雑で、手のかかるデザートなのです。

滞在中にひとつくらいは、自力でおいしいチェー屋さんを発掘してみたいものですが、
まあどうなりますことやら~。
[PR]

by nanaeota | 2008-08-21 23:00 | Comments(0)
2008年 08月 20日

ブンボーフエと包まれた食べ物

午後からベトナム語教室。
停電の中汗を書きながら勉強。
苦学生な感じで少し楽しい。
先生はいつも一生懸命で、私ががんばる姿勢を見せるととても喜んでくれます。
私は、おそらく先生が今まで見た中でも指折りの覚えの悪い生徒だと思うので、
せめて、一生懸命、楽しくがんばりたいと思っているのですが、きちんとそういうことも理解してくれるので、大人だなぁと思います。

今日は、ベトナムっ子から来た、まったく意味のわからないメールを先生に説明してもらいました。
なぞが解けて一安心。これでやっと返事が出来ます。



夜はベトっ子とブンボーフエを食べに。c0154399_14111433.jpg

ブンボーフエはフエの辛い麺で、太いスパゲッティみたいな麺を使っています。
正直、そんなにそんなに大好物ではないので、ブンボーフエ以外のメニューを食べたいと思いますが、この店はブンボーフエがおいしいんだから!!それを食べなさい!!と押し切られ・・・。

まあ、普通においしくいただきました。

食後に気になったのは、テーブルに置いてある葉っぱに包まれた何か。
いろんな大きさや形があって、それぞれ中身が違うそうです。
特に美しいなぁと感じた、この四角の包み。c0154399_1412385.jpg
「この四角のはお菓子だから食べてみてー」と言われ、おなかいっぱいだけど食べてみました。
ココナツ果肉のモチモチのなかに、緑豆ペーストが入っています。
味もまあ、おいしいのですが、この形状の美しさには本当に惚れ惚れ。

箱がきちんと上下に容器と蓋に分かれていて、キチンとはまるようになっています。
こういう丁寧な手作業の数々がきちんと伝わっているこの国の食文化は、やはり勉強するに値する立派なものだと感じました。

以前にも書いたように、とにかく葉っぱに包まれている何かは片っ端から全部開けてみたくてたまらなくなります。
胃袋が追いつかないのがとても残念。

いつの日か世界の「葉に包まれた食べ物」をめぐる旅をしたいなぁ、なんて、ぽかんと考えながら、夕べから私の部屋に住み着いているヤモリさまを眺めつつ、夜をすごしています。
ねずみ、ゴキブリは鳥肌だけど、なぜかヤモリは平気になりました。
[PR]

by nanaeota | 2008-08-20 01:05 | Comments(0)