オオタナナエ 台所生活+

nanaeota.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 02月 ( 19 )   > この月の画像一覧


2008年 02月 27日

サーモンフライのマリネ

サーモンフライのマリネ!なんてこじゃれて呼んで見ましたが、
鮭の南蛮漬けとも言うのかしらー。

来月の15日のヤムヤムキッチンの試作です。

自分用に適当にしか作ったことのないものをレシピとして起こすというのは、
意外と緻密な作業です。

緻密(chimitsu)・・・・私の辞書にはない言葉。
なので、途中で感覚のみで調味料とかドボドボ足したくなる、右手さんを止めるのは一苦労。

マリネの類は冷めて、具にしっかり味がついてから食べるのがおいしいのですが、
あげたてのサーモンに、タレ(いややマリネ液ザマス)が絡み付いているのが、これまたウマーくて、つい、冷めるのを待ちきれず、パクリパクリ。


あー、こんなに手軽でみんなが好きそうな味をどうして、今まで教室でやらなかったのかしら!

今日は、野菜もいろいろ入れてみました。
どれが合うかなぁと。
c0154399_21543566.jpg


意外と、イケルとおもったのが、トマト。
最近、わが国日本のトマトがすごくおいしくなった気がします。(偉そうですが)
フランスって、野菜や果物はおいしいんでしょ?とよく言われることがありますが、
私個人の感想としては、全ての野菜が日本より美味というわけではなかった気がします。
むしろ、いちご、桃なんかは日本のものの方がすごくおいしい!と思ったこともあるし、
それぞれの国民の好みって言うのもあると思うけど、日本だって負けてないおいしい物はたくさんあると思いました。
しかし、その中で唯一、絶対に負けた、と思ったのはトマト。
ヨーロッパのトマトは種類も豊富で、フルーティ、果実みたいでおいしくて、枝ごと売っていたりして、ぶどうみたいで見た目も愛らしくて魅力的でした。
その店日本の季節外れのトマトはそうでもないな、と思っていたのですが、最近は、冬でもなんだかおいしいトマトが買えるのですね。
今日のトマトも大当たり。
ワーイ。
買ったものが想像以上においしいと、とっても嬉しいです。

夕方、運動不足解消のために、街へ。
玄米に混ぜて食べている、はと麦を買いに行きました。
そして帰り道に、わりと最近(といっても去年)出来たと聞いてた、SENDAI KOFFEE CO.に寄って見ました。
思ったより広いお店で、テーブルの配置とかもギュウギュウしてない感じ。
本を持っていったので、甘くておいしいチャイを飲みながら、読書したり、メールしたり、
1人まったりと楽しみました。
カフェで本を読むのは集中出来ないという人がいますが、私は逆。
家のほうが、いろいろ食べ物とか食べ物とか食べ物の誘惑が多くて、集中できないのです。
その点カフェはいいです。

メールも最近やっと新しい携帯になれて、ピコピコしてますが、驚いているのは、バッテリーの持ち具合。
そんなに通話はしないこともあって、5,6日は持つ感じ。
前の携帯の消耗が早すぎた為、最近は「おおおまだアル!」って感動しています。

それから、もうひとつ驚いていること。
それは、携帯電話のCMで携帯がブルルっとバイブで鳴るのを聞くたびに、自分の携帯が鳴ったと思って、電話を取ってしまう、自分の学習能力のなさ。
そろそろ覚えようよ、私。
でも、あまり紛らわしいCMはやめて欲しいです。正直。
[PR]

by nanaeota | 2008-02-27 21:55 | Comments(4)
2008年 02月 26日

パエリア

友人宅で昼にふたりパエリア大会。

まあ、大会って程でもないんですけどね。
おしゃべりしすぎて、なかなか私の調理の手が進まず。
一度に2つは無理な残念な人間です。

友人宅のマンションはいつもきちんと片付いていて、本当に感心します。

パエリアは私が作るのは、本場スペインのものより、油分がすくなくて、あっさり風味。
スペインでは、米をアルデンテ状態で食べるみたいなのですが、どうにも私の口には合わず、
いつもしっかり炊き上げます。

今日も、食材が贅沢なだけにうまく炊き上がるといいなと思っていたのですが、
無事に完成して何より。

初めて調理をするキッチンでは、ガスの量や調理器具によって、出来上がりも変わってくるので、多少緊張します。
でも、弘法筆を選ばず!ですから、どこでも、きちんとおいしく何でも作れるようになりたいなと思うのですが、それがなかなか難しかったりも。
今日の友人宅のキッチンは、使いやすいガスと調理器具だったので、うまいこといきました。

ピンクのクロスの上に、鍋ごとドドン。
こういう、豪快な振る舞いが最高に好きです。
ピンクの食卓は、なかなか明るい感じで、パエリアにもぴったりでした。
c0154399_19443972.jpg


パエリアもスープも友人の口に合ったようでなにより。
妊婦の友人は、最近食欲が落ちていたようですが、今日は、お腹の赤子ちゃんも空腹だったのか、おいしそうに食べてくれて、一安心でした。

その後、おやつとともに、約4時間のノンストップおしゃべり。
内容はナイヨーです。(うわっ)

赤ちゃんが生まれるのはとても待ち遠しいことですが、それと同時に、自由な時間が奪われるのも現実。
友人も、赤ちゃんを産むまでの貴重な時間を、ゆっくりと楽しむことが出来るといいなと思います。
[PR]

by nanaeota | 2008-02-26 19:44 | Comments(0)
2008年 02月 24日

グーテンターク!ドイツクラス

今日はドイツ料理クラス。c0154399_19235534.jpg
おとといから、沖縄→ベトナム→ドイツと、地球儀ぐるぐるです。笑

今日の先生は、ハナちゃん。
時間にも几帳面だし、頼んだことは忘れないし、安心してお願いできました。

今日は、ハナちゃんに加えて、ドイツのマティアス1号、マティアス2号、ドミニク、と3人が遊びに来てくれました。仙台に十数名しかいないだろうと思われる、ドイツ人留学生のうち4人が今日ここへー!なんという豪華さ!!

ドイツの皆さんに、各テーブルについてもらって、実習開始。
ドイツ人といっても、皆料理が出来るわけではないので、ボーイズたちは、日本に来て、初めて今日のメニューである、「玉ねぎケーキ」の作り方を学んだようです。日本語で学ぶ自国の料理・・・。笑


今日のメニュー

☆玉ねぎケーキ
☆きゅうりのサラダ
☆焼きりんごのカスタードソース添え

玉ねぎのケーキの土台はピザのようなパン生地だったので、みんな大変かなと思いましたが、
意外とサクサクと作業が進みました。

ドイツのお友達たちも学びたての日本語と、世界共通の、みんなが流暢なボディランゲッジを駆使して、がんばってくれました。

ハナちゃんは、いつもさりげなく細やかに気がついて、いろいろ助けてくれるので助かりました。

参加してくれた、日本人の友達の感想は「ドイツ人はこんなだ、という風にくくるのが難しいくらいに、みんなばらばらな性格だね・・」と。
そうなんですね。やっぱり、どこの国の人も多少は国民性というのもあるのですが、性格はみんな違うのです。
今日も、おとなしくて、マジメで、日本語を喋るのもひとつひとつものすごく言葉を選ぶ方もいれば、とにかくしゃべりたい、という気持ちにあふれる方もいます。
みんなちがって、みんないいんです。(ん?)

でも、ドイツの人たちに共通するのは、誠実で、協調性があって、きちんとしていること。
素敵なことですね。
あ、そうそう、もうひとつ!
とにかくみんな、背が大きい!
日本では、いつも「大きい人」と形容されてしまう、巨大な私も、今日は久々に「谷」になることが出来ました。
久々に、人を見上げました。

調理は、順調に進んで、みんなで楽しく試食。
言葉が完全に通じなくても、一緒に食事をすれば、みんな仲良し!

ハナちゃんとマティアスがドイツの音楽を準備してくれたのですが、そのひとつがtokio hotel というドイツのビジュアル系バンドのものでした。見た目が、日本人のビジュアル系バンドみたいです。ドイツでは、トウキョウってそんなにかっこいいのかしら??こっちからみると、よっぽどドイツの方がカッコイイのですけど。謎

楽しい教室でした。
参加してくれたみなさま、ダンケ!!!

お返事はビッテ!(どういたしまして)ですよー。
[PR]

by nanaeota | 2008-02-24 19:31 | Comments(2)
2008年 02月 23日

トクさんのベトナム料理教室

「フエ」のオーナー、トクさんのベトナム料理教室へ。
お友達のマンションの素敵な共有スペースで行われました。
こういうオシャレ空間があるのは、都会だけかと思っていたのですが、仙台にもあるのですね。
c0154399_19304130.jpg


一生徒として、お料理教室に参加するのは、かなり久しぶり。
自分の教室では、使い古した(元)白いエプロンをつけるのですが、生徒として参加の時は、赤いエプロンで。たまにこの赤いエプロンをつけるのが、妙に新鮮で楽しかったりします。
トクさんの奇抜な私服に、一同驚いたり、素敵な出会いに嬉しくなったり、賑やかに教室ははじまりました。

メニューは、ゴーヤーチャンプル(ベトナム版)、蒸し春巻き、パイナップルチャーハン、と「フエ」の中でも、私の好きなものばかりー!

トクさんが、作るのを見つめて、メモメモ・・・。
トクさんのほんわかキャラをアシスタントのお友達が、的確にアシスト!
素晴らしいコンビネーション。

出来た料理をひとつずつ食べていくというシステムで、作る→食べるの繰り返しなので、一気に料理が並ぶと、狂ったように飛びついてしまう私には、体にもよさそう。

お店の味そのもののおいしいレシピを惜しげなく教えてくれて、まあなんと太っ腹なこと。
でも、料理というのは、正確に材料や分量を教えてもらってもなぜか同じように再現出来ないものだと思うのです。微妙なタイミングや、ほんのひとつまみの調味料が味を大きく左右します。なので、自宅でこの味が出せるかどうかは、まだちょっと自信がなく・・・。
何度も作って、是非安定した自分の味に仕上げたいものだと思いました。

シメにはデザートには緑豆ペースト入りの白玉だんごを用意してくれていて、蓮茶と一緒においしく頂きました。

アシスタントをしたお友達のボランティア精神があってこそ成り立ったこのクラス、わたしはぼんやり参加する側で、何の苦労もなく、食べて、笑って、幸せな時間でした。
誰かがおいしい思いをするその影では、必ず誰かが頑張ってくれているのですね。
そんな姿もうかがえて、二重にありがたく思えました。

舌がまだ覚えているうちに、自宅でも復習してみたいと思います。
お、いい生徒っぽい!
[PR]

by nanaeota | 2008-02-23 19:30 | Comments(6)
2008年 02月 22日

沖縄料理

ドイツのハナちゃんを連れて、友人と沖縄料理「ゆんたく」へ。c0154399_23531724.jpg

予約の電話をかけたタイミングが悪くて、なかなか繋がらず、今日はオヤスミなのかも?と、お店を紹介してくれたお友達にまで、電話したり、メールしたりして、激しく迷惑をかけながらも、なんとかお店に行くことが出来ました。

お店に行くのは、2回目でしたが、心は常連客。笑
この前、教えてもらった、おいしいお料理や、食べてみたいお料理を次々に頼んで、泡盛とともに頂きました。

ここの沖縄料理は、ヘチマなどの、仙台では手に入りにくい食材もふんだんに使っているので、どれも私たちにとっては目新しく、そして、どれもとびきりおいしい!

ハナちゃんも、泡盛を普通に飲みながら、ヘチマもゴーヤーもそして海ぶどうも「おいしい!」と食べてました。
なんでもおいしそうに食べる人というのは、本当に見ていても気持ちがいいものです。

少し遠いけれど、この趣のある、素敵なお店に彼女を連れてくることが出来て、本当に良かったと心底思いました。

あさってのドイツクラスのことも、あれこれ相談しようと思っていたのですが、泡盛パワーによって、忘れ去られました。
大丈夫かしら・・・。

シメは、各テーブルにおいてある、黒砂糖。
つい、ポリポリとおいしくて、やめられず。
沖縄サイコー。

ハナちゃんに果敢にドイツ語で話しかけてくる、陽気な隣のテーブルのおじさまを横目に、お腹いっぱい、胸いっぱいで、ごちそうさまーと店を出て、数歩。
「ア、カメラ・・」とハナちゃん。
お店にカメラを忘れたのに気がつきました。

お店に戻ると、ちょっと皆に笑われ、
「泡盛には気をつけないとねー」と一言。

どうやら、ワタクシタチは、軽く酔っ払っているようでした。
本人達には全くそんなつもりはありませんが、酔っている人ほど
「酔ってないよぅ~~~」というもんです。

楽しい夜でした。
こんなお店の近所に私も住みたいー。
[PR]

by nanaeota | 2008-02-22 23:53 | Comments(2)
2008年 02月 19日

おやつタイム

今日は(も?)ぐうたら生活。

ベトナムのお土産で頂いたアーティチョーク茶を飲みながら、タイ土産のココナッツチップをつまむ。

どちらも美味でございます。

アーティチョーク茶は体質改善にもよいらしく、ネットで調べたら、肝機能などにも良いらしい。
ほぉ~。
良薬は苦いものだけど、これはおいしい。
どっさりもらったので、せっせと飲むぞー。
しかも、ありがたいことにティーバック。
あー簡単簡単。

ココナッツチップはちょっとつまむつもりでしたが、ちょっとではすまなくなってしまいました。
サトウキビで味付けられているのですが、それが程よく甘く、非常に良い塩梅!
これからタイに行く方は、是非、お土産にオススメです。

ベトナム茶プラスタイのおやつで、昼まっから東南アジアに思いを馳せていました。

ぼちぼちと週末のドイツクラスの準備を始めています。
講師をしてくれる、ハナちゃんは、滞在半年の予定だったので、来月帰国です。
数回しかあっていないけれど、本当にいい子なので、行ってしまうことを思うと、既にしゅん、としてしまいます。

年度末が近づくと、いつもすこし寂しい気持ちになりますね。
[PR]

by nanaeota | 2008-02-19 19:49 | Comments(0)
2008年 02月 17日

ベトナム旧正月を祝う会

ホーチミンに旧正月で帰省していた友人が、仙台に戻ってきて、ベトナムから持ち帰って来てくれた食材で、旧正月を楽しもうーという集い イン 我が家。

あーなんていう素敵なありがたーい企画。


メニュー
☆バインセオ(ベトナム風お好み焼き)
☆揚げ春巻きの乗った汁なし麺
☆バナナの皮で包まれた、ベトナムのチマキ?(写真左上)
☆バインミーテット(ベトナム風なます入りサンドイッチ)

デザート
☆ベトナムのお菓子たち
☆手作りロールケーキ
☆中国のお土産のお菓子
☆ベトナムプリン(昨日教室終了後、深夜にぼんやりしながら焼いたので、長時間焼きすぎて、堅かった。ごめん)


なんて盛りだくさんなんでしょう~。
c0154399_2271756.jpg



集まってくれたのは、ブルガリアのかわいい母娘3人を含む、12名のインターナショナルなお友達と純日本人ズ。

ブルガリアの15歳と11歳の娘ちゃんたちは、6年も日本に住んでいるというだけあって、普通の日本の子のように流暢な日本語。
とても積極的なヨーロピアンの血と、つつましい日本の心も持ち合わせていて、本当に愛らしい。私がこのくらい子供の頃なんて、本当に何もかもが訳わかんなかったけどなー。

作ってくれたお料理は本当に、どれもこれもおいしくて幸せな味がしました。
外食の味の素風味のベトナム料理もそれはそれで大好きだけど、こういう家庭の味も本当に魅力的。

重たいのに、持ち帰ってくれたちまき風の食べ物は、バナナの皮に包まれていて、中にもちごめ、豆のつぶしたもの、肉がきれいに入っているという、なんとも私の心をくすぐる1品でした。
ベトナムでも旧正月にしか売られないこんな1品が、日本で、しかも我が家で食べられるなんて本当に幸せ。

おいしいのでつい食べすぎました。

集ってくれるみんなの浅めの笑いのツボや、マニアックな話題の数々が密かに私のツボでもあります。

楽しい集いでした。
おいしいものをたくさん準備してくれたダオちゃんよー本当にありがとう。
この寒い我が家に集ってくれたみなさまもありがとう。
[PR]

by nanaeota | 2008-02-17 22:08 | Comments(0)
2008年 02月 16日

ヤムヤムタコス

c0154399_23182078.jpg今日はヤムヤムキッチンー。

タコスとブラウニーです。

タコスはみんなで作って食べるのが楽しいお料理。
サルサソース、アボガドディップ、チリビーンズ、トルティーヤの全てを手作り。
1人で全部作るのはなかなか大変かもしれませんが、どれかを適当に買ったり、部分的に作ったりしてもいいと、私は思います。
料理はそんなに苦しんでやるべき物じゃないし、そもそも、タコスはジャンキーな食べ物だからー。
でもまあ、オール手作りはおいしいですよ。

トルティーヤは伸ばすのがちょっと難しくて、鬼のお面型や獣型、妙な四角やなんとも形容しがたい形など様々な出来でしたが、それも手作りならではのアジです。

ブラウニーは今回はラヴリーにフランボワーズを表面に並べて焼きました。
すごくすごく愛らしく、かわいい女の人が作ったんだろうな~と妄想できそうな1品が出来ました。
そして、その全体写真は撮り忘れました、もちろん。


タコスは1人3枚ずつ。
多いかなと思っていましたが、ラーメン1杯を食べきれないという小食な彼女も完食。
デザートはお持ち帰りしていたようですが。

ブラウニーは半分はお持ち帰りで半分を試食。
少し時間を置いてからのほうがしっとりとしておいしいのだけれど、きっと持ち帰った分はご家族などが本日中にお召し上がりになっている予感。

食後はおいしいお茶と差し入れていただいたおいしいカステラを頂きながら、自慢の携帯を披露。私のはしゃぎぶりに皆さんに笑われました。

そして、驚いたのが、みんな異常に(私から見ると)、携帯についてよく知っていること。
いろんな単語が飛び出してきて、私はちんぷんかんぷん。
みんな、その知識はどこで得るんだろうか・・・。

今日も楽しいヤムヤムキッチンでした。

来月は15日、春らしいメニューを考えました~。
☆春野菜のタルト
☆サーモンフライのマリネ
☆ペンネのサラダ
☆いちごのロールケーキ

お待ちしております!
[PR]

by nanaeota | 2008-02-16 23:24 | Comments(2)
2008年 02月 15日

ネギ焼きと大福の和

お昼にネギ焼きを作って食べました。
適当に作ったのだけど、特に目新しい不思議なものが入っているわけではないので、
想像通りのおいしさ。c0154399_21154281.jpg


粉、水、卵、青ネギを適当に混ぜるだけ。
私なりのコツは、ちょっと多いかなと思うくらいの青ネギと、ちょっとゆるいかなというくらいの
生地の堅さ。
この「ちょっと」がおいしさの決め手です。たぶん。

食材のない日におすすめ。
しょうゆでも、ソース&かつおぶしとかでもおいしいと思います。

祖母宅の玄関にお雛様を飾りました。
本当は、三人官女とかいっぱい家来風な人たちゴニンバヤシ?)のお人形もあって、昔は、チマチマ飾っていたのですが、最近はめっきり。

全部飾るのはやはり一苦労なので、とりあえず玄関にお雛様とおだいり様だけ飾りました。
どっちが右なのかも分からず、おだいりさまが持つべき、ヘラみたいなの(なんていうの?)も紛失済みで、手ぶらなおだいり様になってしまったり、と何もかもが適当なのですが。
まあ、数年ぶりに日を浴びて、喜んでいただければ幸いです。


昨日買った携帯に、まだなんともなじむことが出来ず、メールも電話もぐずぐずと。
無駄にテレビも見てみました。
家にある普通のテレビとは、微妙な時差みたいなのがありました。

新しい携帯にして初めて送られてきた写真は、いちご大福。
友達に作り方を教えて、それを実家で作ってみたというもの。
最近、私のまわりではいちご大福が熱くて、大福写真がやたらと送られてきます。
大福熱には2次感染、3次感染もあるようで、確実に大福の和は広がっています。
おいしいアレンジとかしたら、是非、逆に教えてほしいものです。
まあ、なかなかいちごと大福という大発明ともいえる、コンビネーションを上回るものはでてこないと思いますが。
[PR]

by nanaeota | 2008-02-15 21:16 | Comments(0)
2008年 02月 14日

機種変更

強風です。

風で、干し芋さまが、とばされてしまうのではーと心配しておりましたが、1ミリも動いておらず、
逆に驚く。

庭には、ハンガーとか、どこから飛んできたのかわからない、発泡スチロールの箱とか飛んでいるというのに、芋さまは、むんずと踏ん張っていました。
偉い。

午後から街へ。

今日は、人生初の携帯電話の機種変をしました。
今まで使っていたピンクちゃんとはかれこれ5年ものお付き合いで、気に入っていたし、何しろ初めて買った携帯だったので、「アンティーク」と呼ばれるまで使おうと心に決めていました。
が、しかしです。
バッテリーの寿命に勝てず、最近では、着信音が一度プルルと鳴っただけで、バッテリーが3本から1本になるという、頼りなさ。
こんな電話では、持っていても仕方がないと、本日の機種変に至りました。

とりあえず、携帯電話屋さんのお友達にメールして、訪問の予告を。
あらかじめ、5年も使っていて、新しい携帯にも特にこだわりがなくて、通話とメールが出来ればいいくらいな要望しかないことを伝えておいたので、話は非常に早く、大変助かりました。

はじめに手にしたのは、ドピンクの携帯。
パンチがあってかわいい!
今使っているのも淡いけれども、一応ピンクだし、そのピンキーな気持ち?を引き継ぎたいという気持ちもあったのですが、お友達の「また5年も使うとして、5年後にこのピンクは飽きているかもしれない」という意見に強く納得。

そして、次に惹かれたのは、チョコレート色。
こういう色の携帯を持つことは、正直とても予想外でしたが、実際手にとって見ると、洗練されている感じで、そして、何よりおいしそう!!!

本当に、板チョコみたいな色で、お腹かすいたらもしかしたらば、かじってしまうかも、というくらいなおいしそうかげん。

今日はバレンタインだし!という、訳のわからない理由も手伝って、これに決定。

その後、プランの見直しをしてもらいました。
今まで、ずっと古い携帯を使っていた理由に、なんとなく節約している気がする、というのもあったのだけど、それはどうやら大間違いだったようで、プラン次第でずっと安くなるんだそうです。
ほーぅ。もっと、頻繁に機種変した方が、節約になったってこと??
まあ、そんなこともあるのですね。

無事に携帯を購入し、夕方は、お友達と新携帯を握り締めながら、お茶を。
久々に会えたお友達だったので、あれもしゃべりたい、これもしゃべりたいという気持ちが爆発で、会話は飛びまくり。

夜は、フランス語へ。
まだ、マナーモードの設定の仕方すらわからなかったので、とりあえず電源をオフに。
しばらくは、どの操作にも、てこずって、もどかしい思いをするんだろうなぁ。

新しい携帯買ったから、みんなにお知らせしなくちゃ!と思ったのですが、別に番号やアドレスを変えたわけではないので、お知らせする必要もないのですね。

あ、これで私の電話も「ピッ」と、赤外線でアドレス交換などができるようになったみたいです。
今まで、自分のアドレスを出すのもシドロモドロだった私には、この機能が一番嬉しいかも。
まだ使い方は分かりませんけどね。

テレビや音楽の機能はたぶんあまり使わずに、眠ることになるでしょう。
しかしまあ、テレビがついてるなんて、さすが21世紀ですね。
こんなにちっちゃくて、テレビも電話も出来て、そんな機械がタダでもらえてしまうなんてー。

21世紀万歳!
 
[PR]

by nanaeota | 2008-02-14 22:16 | Comments(0)