オオタナナエ 台所生活+

nanaeota.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 12月 ( 22 )   > この月の画像一覧


2007年 12月 29日

映画デー

movixで映画を観る。
欲張って2本も。

「ルイスと未来泥棒」と「ナショナルトレジャー」のふたつ。
このふたつを一度にみるという訳の分からなさについては触れないでください。

とにかく腰が痛かったです。

「ルイスと未来泥棒」は寝ながら観ました。
途中、会場中のチビッコーズが同じところで、「きゃはははー」とかわいく笑うので、時々目が覚めました。

昔って、映画は2本立てがお決まりだった気がするのですが、いつの日からかそのシステムなくなりましたよね?
どうして2本立てだったのか、そしてどうしてそれがなくなったのか、不思議です。
昔はシングルCDもA面、B面があったと思うのだけど、そういう当たり前だと信じていたことも、なんだか知らぬ間にどんどん変わっていくのですね。

それから、なくなったものと言えば、何年か前まで映画を観にいくと必ず映画の前に流れた、「海賊版撲滅」の女の子が黒い涙を流すCM。
最近観ていないけれど、あれがなんか妙に不気味で大嫌いでした。

海賊版撲滅なんてごく一部の悪人のためだけのCMなのに、健全な人間に恐怖を与えすぎな映像だと思っていました。

今日は、来年の映画の宣伝の中に大量のネズミが床中を走り回る映画があって、思わず目を覆いました。
来年は、私の天敵のネズミちゃんの年。
何かとネズミを目にすることが多いと思うと、今から多少気が重いです。
[PR]

by nanaeota | 2007-12-29 21:00 | Comments(2)
2007年 12月 28日

おしゃべりデー

友人とスラブ料理の店、ミンスクでランチの待ち合わせ。
お店が八幡町に移ってからはじめて行ってきました。
こじんまりとしたかわいらしいお店で、なんとも良い雰囲気。
ランチも相変わらずボリュームもタップリで大食な私の胃もたっぷりと満たしてくれました。c0154399_2050458.jpg

友人は今妊娠7ヶ月。
妊婦さん独特の幸せなオーラを放っていて、元気そうで何よりでした。
妊婦という生き物は本当に不思議だなと、いろんな妊婦さんを見るたびに思います。
まだ生まれていないとはいえ、動いたり、おなかを蹴ったりと、すぐそこに既に命があるという不思議。
生命の神秘を感じます。
あと3ヶ月、ご対面が楽しみです。

食後は、友人宅に移動。
掃除が苦手だと聞いていたので、密かに、仲間だ!と思っていましたが、たいそう片付いたおしゃれなおうちでした。ウソツキーー!!

いろいろおもてなししてもらいつつ、写真を見せてもらいながらの楽しいおしゃべりタイム。
彼女の旅したルーマニアやフランスのたくさんの写真を見ていると、彼女の「妊娠する前にまだまだいろいろやりたいことがあった」という台詞は、とてもとても贅沢だと感じました。
こんなに、20代を謳歌した人はいないと思いますけど~!と文句をブーブー言ってきました。

とにもかくにも、元気な彼女に安心しました。
次回はおうちで一緒にお料理をする約束をして、夜はまた別の友達をお茶を。
今日はお茶祭りです。

カフェでカフェオレ片手に(ん、おしゃれっぽい!)に、おしゃべりに再び花が・・。
友達は風邪を引いていたようですが、また悪化しないことを祈ります。

たっぷりおしゃべりの楽しい1にちでしたとさ。
[PR]

by nanaeota | 2007-12-28 20:51 | Comments(0)
2007年 12月 27日

餃子祭り

友人と我が家に集って餃子祭り、という名のこっそり試作会。
皮から餃子の皮を作るのはとても楽しい作業なのですが、それも誰かとおしゃべりしながらやるからこそ!
延々と続く、あの作業はとてもとてもひとりではやりたくない!というわけで、友人を集めたのでした。
そんなわけで、助っ人参加をいいことに、3種の配合の皮を試作できました。
作業は3人でもやはり延々と続き、ひとりでやろうなんて、思い立たなくて本当に良かったと自分の選択の正しさを再確認。

夜になって、他の友人達も加わり、餃子とサンラータンで乾杯。
c0154399_010085.jpg


皆でひとつのマイクを争うようによくしゃべり、その同じ口でよくしゃべりました。

皮は結果的に3種のどれもそれぞれにとってもおいしくて、「手作りすれば配合は適当でも大丈夫」ということにまとまったけれど、私の中でのナンバーワンをクラスでは作ろうと決めました。

その後は、凄腕パティシエールの友人作の絶品りんごのタルトと、へっぽこパティシエールの私のちょっと物足りない月餅、手作り柚子茶で、別腹さんを満足させました。c0154399_0101959.jpg


今年は、友人達もそれぞれ、大病をしたり、いろいろな問題を抱え、悩むことが多かったように思いますが、こうして年の瀬に、まるで何もなかったかのように集って、笑って共に過ごすことが出来て本当に良かった!

また、来年、一緒においしいご飯が食べられますように!!
[PR]

by nanaeota | 2007-12-27 00:19 | Comments(0)
2007年 12月 26日

近所のお店と中華菓子試作

昨日はじめてお話した方が、我が家の近所でイランをはじめとする海外の食材店をされていることがわかって、早速、午後から行って見ました。
先週できたばかりのお店は、まだフレッシュ感が漂っていて、まだ定休日も営業時間もきちんとは決めていないと言うおおらか~なかんじ。
お客さんの要望を聞いて、今から商品を増やしていくということだったので、今後いろいろお世話になりそう~。

イラン人のご主人を持つ日本人の奥さんは3人の坊やの母。
末っ子くんを見せてもらいましたが、超大当たりのハーフ!というかわいさ。
目がまんまるくて、素の顔が笑顔。

写真も撮ったのですが、我が子でもないのに勝手にブログに載せるのもどうかと思ってやめました。見たい人はねだってください。

今日は、トルティーヤとイランのいちじくを買って、たっくさんおしゃべりをして帰宅。

これからのお店の発展と、坊や達の成長がとても楽しみです。

さて、お店。

Coo Coo
青葉区国見2-5-7
022-271-8332

八幡神社の駐車場側の入り口のすぐそばです。
お近くに立ち寄った歳には是非。


夜は来月のヤムヤムの中華菓子の試作。
お花型をやってみました。
見た目はかわいいけど、正直味には改善の余地アリ。
また作ってみます。
後半は、花型に飽きて、クッキーの型を押したり、胡桃をのせたりして遊んでみました。
普段はあまり作らないこういうお菓子を作るのは、いつもと違った楽しみがあります。
c0154399_21465516.jpg

[PR]

by nanaeota | 2007-12-26 21:47 | Comments(0)
2007年 12月 25日

忘年会

タイ料理屋さんで、忘年会。c0154399_0414399.jpg
手ぶらで行ってしまったけれど、私はお菓子を頂いてしまったりして、私も何か持っていけば良かったと悔いました。
だってだって~今日はクリスマスですからー。
クリスマスクラス、パーティーが終わって、すっかりクリスマスが終わった気分だったけど、今日がクリスマスなのですよね。
そういうことを見逃す自分がとても残念。


今日の集まりは、2年前のペルシアンナイトのボランティアつながりだったのですが、普段の私の生活では出会えないような素敵な方たちで、皆、自由な思考の持ち主で、知的で、朗らか。
ペーペーな自分が浮いてないか多少気になるところではありますが、とても楽しい時間でした。

おしゃべりと食事に夢中で、ブログ用料理の写真を撮るのを忘れかけていましたが、周囲が「写真!」と教えてくれて、適当に撮ろうとしたら、皆さん気を使ってくれて、料理を並べ替えたりしてくれました。普段いかに自分が大雑把に撮影しているかを再認識。

おなかいっぱいだったので帰りも歩きました。
寒い季節はどんなに歩いても、ちっとも汗ばむことがなくて、全く燃焼されていない気がするのですが、それでも歩いた方がいいのでしょうか?
[PR]

by nanaeota | 2007-12-25 00:41 | Comments(2)
2007年 12月 23日

クリスマスパーティ

友人に誘われてクリスマスパーティ イン 某大広間。

去年も誘ってくれたのだけど、行けなくて、私が行かなかったら食べ物が地味だったとぼやかれていました。笑

ん?ってことは、今年のパーティのお誘いも、私というより、私が持ってくるものが目的なの???ま、それでもいいんです。

そんなわけで、今日はどどーんといちごを乗せてクリスマスケーキと、何か食べ物も欲しいかな?とインドネシアのフリッターを持参。

たくさんの友達を持つ友人が声を掛けてくれたパーティなので、集まった面々も多国籍。
どんどん会場に集まっていくたくさんの人を見るだけでワクワクしました。
持ち寄ったお料理やお菓子でテーブルはいっぱいに。
食べ物と人がどっちもたくさんになると、私は本当に注意散漫になります。
何を食べて、誰とどんな風に話をしたらいいのか分からなくなり・・・。
徐々におなかも心も満たされて、ようやく落ち着きを取り戻しました。

途中、「これはななえさんが作ってきたやつだから大丈夫だよ。」っていう声が遠くから聞こえました。
ここには、大丈夫じゃない食べ物もあるのでしょうか??笑

ケーキも皆が子供のように喜んでくれて、サンタさんの気持ちを知りました。
もともとお菓子の道を志したきっかけは、友人達が作ったお菓子をとても喜んでくれたことでした。
何年たっても、そういう喜ばれたいという気持ちは同じなようです。
店で働いていた時は、お客さんと直接話をするわけではないし、なかなか喜ぶ顔というのが見られないものなのだけれど、こうして、作ったものをめいいっぱい食いしん坊そうな人たちが競うように食べてくれるのは本当に幸せな光景です。

c0154399_1102453.jpg


More
[PR]

by nanaeota | 2007-12-23 01:09 | Comments(0)
2007年 12月 22日

クリスマスクラス

いよいよ今年最後のお仕事、クリスマスケーキクラス。

早く着いたので、教室のドアに赤い実を飾って、それにクッキーをぶら下げました。
c0154399_22572445.jpg

あとは続々と登場する皆さんをお迎えして、早速デモ→作業。
ベテランさんもはじめてさんもそれぞれ思い思いのケーキを作成。
かわいいのがいっぱい出来ました。

例年になく、時間内に終わり、スコーンとお茶でご歓談。

平和で楽しいクリスマスでした。

今年1年教室に来てくださった皆さん、借金取りのような激しい営業をしてくれた皆さん、その営業にやられてくださった皆さん、生徒なのにスタッフのような働きをしてくれた皆さん、苦手なメニューなのになぜか参加してくれた皆さん、教室を楽しんでくださった皆さん、本当に本当にありがとうございました。
皆さんあっての教室です。

来年もひとつ、よろしくお願いします!


そして、帰りは参加してくれた友達の彼が我が家に車で送ってくれることに。
どこまで生徒に世話になるんだー、私。
やはり、とても人に恵まれています。

じゃ、せっかくだからうちで鍋でも食べようよということになり、急遽鍋パー。
そして、急遽、近所のカンボジア友達2人も参加。

鍋は本当に簡単で、素敵な食べ物です。
今日は、キムチ鍋。
とにかく材料を刻んで、煮るだけなのに、すごく褒めてもらえて大満足。

カンボジアボーイズの話が本当に面白くて、涙を流して笑いました。
カンボジアでは誕生日と言うものに全く執着がないみたいで、自分のことなのに、何月くらいとか、何歳くらい、とか本当に月日に関して大雑把。
彼らの話を聞いていると、なんて日本人の考え方ってちっぽけで、みみっちいんだろう、と感じました。
いいじゃん、大体で。
もっと、大きく、広く生きようよ!という気持ちになりました。

考え方も本当に素朴で純粋な彼ら。
小学校の時、カンボジア語の母音を暗記する為の歌を「悪い」替え歌にして叱られたという話を聞いて、どんな替え歌にしたの?と聞いたら、「♪お父さんとお母さんは畑で一生懸命働いていると言うのに、僕達は授業中先生の話を全然聞かないで、カンニングの方法ばかりを学んでいるよ」というような内容でした。
その、なんというか、替え歌なのに感謝の気持ちとか学校に行ける喜びみたいなのが、柔らかく含まれていて、なんだか温かくて、ぐっときました。

こんな風ないろんな人との交流によって、日常では抱けない感情や思いが心の奥から湧き出てくるものなのだなと、そこもまたありがたく思いました。

鍋も皆たくさん食べてくれて、きれいに完食。
人がおいしそうに食べてくれる姿を見るのは、何より楽しいことです。

働いて、食べて、笑って、本当に豊かな一日でした。
[PR]

by nanaeota | 2007-12-22 23:03 | Comments(0)
2007年 12月 21日

スコーン

明日の教室の買い物と準備いろいろ。

明日のデモンストレーション用のスポンジを焼き、その後スコーンを焼きました。

クリスマスクラスはお持ち帰り用を作るので、試食がないのですが、いつもの習慣で、皆さんおなかをすかせてくるようなので、今年はスコーンを焼いてみました。
自分の空腹も他人の空腹も見逃せない性格のようです。
c0154399_1825834.jpg


今回は、くるみと刻んだチョコを入れて、」丸くせずに大胆に包丁で三角にカット!のつもりが、重さを量ってみると全てばらばらで、微調整しているうちに、三角のつもりのものが丸くなったり、算数の教科書には出てこない形になったり、とまあ、いろいろアーティスティックなスコーンが出来ました。

あとは忘れ物がないか点検して、冷蔵庫のものを明日運ぶだけ~。

毎回、「カンペキ!」って思うのですが、何かしら忘れ物があったりします。
141という場所柄、たいていのものは地下一階で買えるので非常に助かってます。
これが僻地(ヘキチってこう書くんだー!!)での教室とかだったら、本当にどうなっちゃってたんでしょう、と思ったことは1度や2度ではありません。

そんなわけで、明日は私の仕事納め。
風邪ひかなくてよかったです。
あ、私は大丈夫だったけど、生徒さんたちにはやはり不調の方もいらっしゃるようで、キャンセルが出ています。ご参加希望の方はご連絡を!って、ギリギリすぎ?
[PR]

by nanaeota | 2007-12-21 18:25 | Comments(0)
2007年 12月 20日

週末準備とペンケース

週末のクリスマスケーキクラスの準備をせっせせっせと。
年に1度しかケーキを食べないような人も、クリスマスにはケーキを食べると聞いたことがあります。
なので、私の中でもクリスマスクラスは、とても大切にしたい時間です。
今年は3連休なので、日程的にはいまいちでしたが、それでも友人達の素晴らしい営業力のおかげで、多くの方のお申し込みをいただくことが出来ました。
日々営業にいそしんでくれている友人達には本当に、本当にいやいやほんと~~~うに、感謝しています。
いろんな占いなんかを見ても、私はいつも「周囲の人に恵まれる運命」と書かれています。
そこまで占い信仰者ではないけど、全くもって、大きくうなずけます。
ありがたや~~。

いろいろ準備が整って、残すは前日にしか準備が出来ないことだけになったので、ひとやすみで、皮革でペンケース製作。
ひとやすみの割には肩こり、目の疲れを引き起こす、体に悪い作業。
でも、やりたい!と思ったら、どうしてもやりたいのです!!
c0154399_23348100.jpg


そういえば、昨日沖縄のお友達に、沖縄には「ぶぅ」という縄を作る作業があって、ただひたすらに長い縄を地元のおばあたちが作って、買い取ってくれる業者の人に売るらしいのですが、その「ぶぅ」という作業が、なんとも楽しい、という話を聞きました。
そして、「絶対にななえちゃんもはまると思う」と・・・。

そうかもしれないけど「ぶぅ」っていうネーミングはどうなんだ??
そんな、「ぶぅ」に思いをはせながら、せっせとペンケース作成。
チャック付けも3つ目になり、今までで一番サクサクと作業できました。
そして今回も、濡らして絞る。
前回はチャックをつける前に濡らして、待ちきれなかったので、チャックを着けてから濡らして絞りました。
それでも、やっぱり乾くのが待ち遠しくて、5分おきくらいに触っています。
でもじぇんじぇんカワカニャ~イ!!

明日の朝にはカラカラになってることを祈ります。

あ、週末教室ご参加予定のみなさま。
参加料の3000円はおつりなしでご用意いただけると助かります!
それから、泡だて器お持ちの方はご持参ください。
そしてそしてー。時間厳守でお願いします。

皆さんがおいしいケーキが作れますように。
インフルちゃんにやられませんように。(含む私)
[PR]

by nanaeota | 2007-12-20 23:04 | Comments(0)
2007年 12月 19日

沖縄料理

お友達ふたりが口をそろえておいしいと称した沖縄料理のおみせ「ゆんたく」へ。
ふたりといっても、ただのふたりじゃないのです。
このお店をはじめにみつけたひとり目は、沖縄人の夫を持つ沖縄通な女子。
そして二人目は沖縄出身の女子。c0154399_1493766.jpg

私たちみちのくの者が、いくら「おいしい!」と言っても、それは果たしてホンモノなのかは知るには限界があります。
それは、ミシュランのフランス人審査員に本当に日本のレストランの良さが分かるのか?と疑問に思ってしまうのと同じことで・・。

でも、地元っ子がおいしいというものはやはり本物だと、私は思うのです。

そんなわけで、このお店に連れて行ってもらうことをとても楽しみにしてました。

趣のある、こじんまりとしたお店で、沖縄美人の店主の作るお料理はいかにもおいしそう~。
メニューもベタなソーキそばとかゴーヤーチャンプルだけではなくて、名前をみただけでは、さっぱりなんのこっちゃらわからない、異国の料理のような品々。

いつもなら、メニューを選ぶ隊長は私なのですが、今日ばかりは、お手上げで、お友達にお任せ。

いや~~素敵なチョーイス!!!

どれもこれも本当においしかった。
沖縄の緑の野菜たちはどれも、苦味があってデトックスな香り。
柚子の入った泡盛片手にあれもこれもと食は恐ろしいほど進みました。
ここのお店のおいしさは、私がたった2泊3日しか沖縄に行ったことがないとは言え、確実なものだと分かります。(って、ミシュランのフランス人審査員も数々の東京のレストランで思ったんだろうなー。)

沖縄の味は、スタンダードな和食よりむしろ、インドネシアとかベトナムとかそういう東南アジアに近い気がします。
繊細なのにおおらかで、力強い。

五橋駅のそばなので、我が家からは、ちょっと不便なのが非常に残念なところ。
お店と目と鼻の先に住んでいるお友達は、しょっちゅうここでヨレヨレになるまで飲んで、フラフラと帰っていくらしい。
我が家のそばにも、こんないいお店があったら、私も彼女のようになるんだろうかと思うと、いいような悪いような・・。笑

アットホームな雰囲気にもやられて、店主やお客さんともお話しつつ、何気に5時間くらい店に滞在。初回から迷惑なお客と印象づけられていないことを祈ります。


来年は、沖縄のお友達に沖縄料理をじゃんじゃん教えてもらって、本物(に近い)の沖縄料理をマスターする約束!!どうか、お忘れになられませんように!!
と、ここでプレッシャーをかけておきます。ニヤリ
[PR]

by nanaeota | 2007-12-19 14:15 | Comments(7)