オオタナナエ 台所生活+

nanaeota.exblog.jp
ブログトップ

2009年 02月 12日 ( 1 )


2009年 02月 12日

新しい試みと再会

今年の新しい挑戦ごと、その1!懐石料理教室。
私にとっては、少し大きな出費ですが、その痛みを伴う感じも、頑張りに繋がるかしらと思い、
はじめました。

私は、本当にはずかしいくらいに、日本の食べ物のことを知りません。
旬の魚の名前も、さばき方も、和食の調理法も本当に基本的なことから知らないことだらけです。

異国の食べ物に触れれば触れるほど、これではいけないと思うようになり早数年。
c0154399_0411229.jpgおともだちにいいきっかけをもらって、教室に通うことにしました。

あれもこれもわからないので、とにかく質問だらけ。
何を聞いても、サクサク答えられる先生はさすが!!

作業もひとつひとつ丁寧で、日々の生活に欠けている何かを教えられた気がします。
「何か」って何?って感じでもあるのですが。

丁寧に作られたお料理は本当においしい~!!
作法や色々な由来なども学べて、全部記憶として残せたら本当に賢い人になれると思います。
まあ、その記憶が怪しいものなので、そこが問題ですが。

これから長く続けて、きちんと学んでいけたらと思います。

夜は、遠くに転勤してしまったかつての生徒さん兼お友達が、仙台に来てくれて、久々に会うことが出来ました。
もともと仙台の人ではなくて、仙台に転勤してきた当初に出会った時には本当に、仙台が嫌で早く地元に戻りたいと言っていたのに、3年の仙台生活ですっかり仙台を気に入ってくれた模様で、今では仙台に住みたいと言ってくれていました。
仙台人としてはこれはとても嬉しいこと。
他県から来た人が「住みやすい、楽しい」と感じてくれる街に住んでいられることがとても嬉しいことです。

ひさびさに「なまはげ」に会いに行きました。
他にあまりお客さんがいなくて、やや盛り上がりに欠けていたけど、やっぱりなまはげは怖かった。
いくつになっても、「明日からはいい子になります!」って思えます。一瞬ですけど。
あれを子供の頃にみたら、トラウマだろうな~。
秋田の子じゃなくてよかった。

遠くに住む人が、こうしてふらりと会いに来てくれると、あー誰とでも、いつでも、どんなに遠くにいても繋がっていられるんだなと感じます。
楽しい夜でした。
[PR]

by nanaeota | 2009-02-12 00:24 | Comments(0)