オオタナナエ 台所生活+

nanaeota.exblog.jp
ブログトップ

2008年 08月 20日 ( 1 )


2008年 08月 20日

ブンボーフエと包まれた食べ物

午後からベトナム語教室。
停電の中汗を書きながら勉強。
苦学生な感じで少し楽しい。
先生はいつも一生懸命で、私ががんばる姿勢を見せるととても喜んでくれます。
私は、おそらく先生が今まで見た中でも指折りの覚えの悪い生徒だと思うので、
せめて、一生懸命、楽しくがんばりたいと思っているのですが、きちんとそういうことも理解してくれるので、大人だなぁと思います。

今日は、ベトナムっ子から来た、まったく意味のわからないメールを先生に説明してもらいました。
なぞが解けて一安心。これでやっと返事が出来ます。



夜はベトっ子とブンボーフエを食べに。c0154399_14111433.jpg

ブンボーフエはフエの辛い麺で、太いスパゲッティみたいな麺を使っています。
正直、そんなにそんなに大好物ではないので、ブンボーフエ以外のメニューを食べたいと思いますが、この店はブンボーフエがおいしいんだから!!それを食べなさい!!と押し切られ・・・。

まあ、普通においしくいただきました。

食後に気になったのは、テーブルに置いてある葉っぱに包まれた何か。
いろんな大きさや形があって、それぞれ中身が違うそうです。
特に美しいなぁと感じた、この四角の包み。c0154399_1412385.jpg
「この四角のはお菓子だから食べてみてー」と言われ、おなかいっぱいだけど食べてみました。
ココナツ果肉のモチモチのなかに、緑豆ペーストが入っています。
味もまあ、おいしいのですが、この形状の美しさには本当に惚れ惚れ。

箱がきちんと上下に容器と蓋に分かれていて、キチンとはまるようになっています。
こういう丁寧な手作業の数々がきちんと伝わっているこの国の食文化は、やはり勉強するに値する立派なものだと感じました。

以前にも書いたように、とにかく葉っぱに包まれている何かは片っ端から全部開けてみたくてたまらなくなります。
胃袋が追いつかないのがとても残念。

いつの日か世界の「葉に包まれた食べ物」をめぐる旅をしたいなぁ、なんて、ぽかんと考えながら、夕べから私の部屋に住み着いているヤモリさまを眺めつつ、夜をすごしています。
ねずみ、ゴキブリは鳥肌だけど、なぜかヤモリは平気になりました。
[PR]

by nanaeota | 2008-08-20 01:05 | Comments(0)