オオタナナエ 台所生活+

nanaeota.exblog.jp
ブログトップ

2008年 07月 27日 ( 1 )


2008年 07月 27日

ダラット2日目

ダラット2日目は、昨日の夜一緒にワインを飲んだ女の子も加わって4人でタクシーを貸しきってツアーにいくことに。
ベト女子2人がいるので怖いものなし。今日もおんぶに抱っこで、何もせず、楽チンです。c0154399_23141100.jpg


ガイドブックに載っているお寺や滝などの名所などが、うまいこと網羅されたいい感じのツアーで、みんなでわいわいとても楽しかった。

ベト女子は写真を撮るのが大好きで、いちいちグラビアアイドルのようなポーズで本気で写真撮影。
同じように、私にも撮れと、言ってくるのですが、そんな写真の使い道が全く想像できず、頑として拒否。

ツアーでは、谷を下るコースターみたいなのもあったり、途中思いがけず大好きな乗馬ができたり、馬車に乗れたり、とても盛りだくさんでした。写真は馬車と小さくて愛らしいハーさんと、でかい私。c0154399_23184335.jpg

途中で、お昼ご飯に行きました。
ツアーの運転手さんとガイドさんも含めてみんなで昼食です。
食事中もベト女子2人が、私たち日本人にも、運転手さんたちにもとてもよく気をつかってくれて、
あれこれがんばってくれました。この国において、私は本当にダメな子です。



日本のお友達の皆さんならご存知なように、日本では私はかなりの仕切り屋の部類だと思います。レストランでは、皆に有無も言わせず、私が勝手にみんなのオーダーを決め、それを取り分けるのも私の仕事!あ、でもお支払いは割り勘ね。ゴメン。

なのですが、この国では違うのです!
この国の人はみんなが、仕切り屋で世話焼き。
私はみんなに世話をされ、もてなされる側に徹しているので、なんだかとても不思議な感じです。
日本のお友達ズの皆さんが見たら笑っちゃうほど、私はこの国において、働かない、気がつかない子です。

そして、日本と決定的に違うところは、その場を仕切っている人がお会計も全員分持ってしまうこと。
たまになら、本当にありがたいのですが、ずーっと代わる代わる誰かがおごってくれるので、グズグズな私は支払いのタイミングを逃しまくり、なんだか申し訳なく・・・。
おごられるのが当たり前だと思っていると周囲に思われても嫌だし、旅行全般でみんなにおんぶに抱っこな私は、せめて金銭面だけでは、対等に行きたいと思っていたのですが、なかなかそこはうまく主張できず。
今後の課題です。

夜はまた新たなお友達も加わって、そのお友達のお友達(遠い!)のコムガー(鶏ご飯)屋さんで食事。
もう誰が誰の友達なのか、正直途中でわからなくなってきましたが、まあいいや、ということで楽しい時間を過ごしました。
共通の言語のない相手も多くて、どうしたらいいのかわからない時もありましたが、まあそれでも感じ悪い雰囲気だけは出さないようにしようととりあえずニコニコニヤニヤしてました。
ベトナム語が本当にわからなくて、くじけそうでしたが、そこは、ジェスチャーや笑いでカバー。
この国の人は、良い意味で笑いがとても浅いので、何でも楽しそうに笑ってくれて、助かります。
楽しい1日でした。
[PR]

by nanaeota | 2008-07-27 22:44 | Comments(0)