オオタナナエ 台所生活+

nanaeota.exblog.jp
ブログトップ
2008年 09月 01日

寝台列車でフエへ

いよいよはじまりました、ベトナム中南部、プチ縦断の旅。
c0154399_13423055.jpgまずは、寝台列車でホーチミンから一気にフエに行き、少しずつ、ホーチミンに向って降りてこようというのがこの旅。

1日の昼過ぎのホーチミン発ハノイ行きの電車に乗り込んで、いざ出発!
到着するのは翌日の朝。
19時間にも及ぶ超長旅です。




ベトナムの電車には、ランクがあります。c0154399_13431292.jpg
硬い席、ソファのリクライニング席、硬い3段ベット席、やわらかい2段ベット席。
もちろん値段も後に行けば行くほど高いのですが、この長旅のしょっぱなから体力を消耗するわけにはいかないので、やわらかいベット席を購入。
といっても、日本円で5000円にもならないくらい。
まだまだ安いベトナムの交通費感謝!

1番高い席を予約したということで、わくわくしてましたが、
結構しょぼい。
多分、列車によっては、コレより良い席っていうのもあるのだと思います。
そう思わざるを得ないほどしょぼい。笑

2段ベット2つ、つまり4人1部屋のようになっていて、一応扉もあります。
今回は、友人との二人旅だったので、2段ベットの下の席2席をとっていたのですが、
これは正解でした。
ベットの上段は思った以上に揺れそうな感じ。
上段より下段の少し高かったのだけど、このお金は惜しまなくて良かった。

昼の出発だったので、まだまだ寝るのは早く、
座っておしゃべりしてました。
1人旅だったら、この時間はちょっと苦痛だったかもしれないけど、
2人ならそんなヒマヒマー!!な感じもなく、
楽しくおしゃべりして、過ごせました。

夜は、1種類しかないお弁当を購入。
これが、牢獄の食事のようにまずかった。
なんというか、値段も安いわけでもないのに、とにかく米もおかずもまずい!
ベトナムで食べた最低の食事かも・・・・。
まあ、それもこれもすべては経験。

夕飯を完食できなかったために、夜におなかがすいて食堂車へ!!c0154399_13441355.jpg赤一色な食堂車。オシャレなのか、そうでもないのかはいまいち理解不能。
もっといろいろメニューがあるのかと思ったら、同じお弁当と飲み物があるくらい。
これまたショボイー!!
仕方ないので、ビールで乾杯。
食堂車の職員が、「どこから来たの?」と話しかけてきたりして、
なんともローカルな旅の1ページ。

夜は、普通に眠れました。
冷房効きすぎでちょっと寒かったけど、眠れないほどではない感じ。
思ったより快適で、ガタンゴトンという音も、これから始まる旅を思うと、
わくわくする感じで気にならず、割と快適でした。

翌朝、無事にフエに到着。

なかなか経験する価値のある電車の旅でした。
[PR]

by nanaeota | 2008-09-01 12:50 | Comments(1)
Commented by 履歴書の見本 at 2014-06-27 12:44 x
とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!


<< フエへ      旅 >>