オオタナナエ 台所生活+

nanaeota.exblog.jp
ブログトップ
2008年 08月 07日

料理学校と試作

今日も朝から料理学校。

6時台に起きる生活も、やや慣れてきました。
寒い国での6時起きはとても苦痛ですが、この南国でならなんとかなります。

おやつクラスは、今日は塩系おやつ。
今日もかいがいしくお世話係さんが、お世話してくれます。
その彼女が忙しそうなときは、すかさず違うおばちゃんが私の隣に来て、
説明をしてくれます。
それをみた、お世話係さんは、負けてはいけない!とまた、横から説明をしてくれて、
両脇からの同時説明を聞いたりして、訳わからなくなったりしています。笑
ノートも、頼まなくても見せてくれるのし、本当にありがたいー。c0154399_125923.jpg



午後は、今日は、オーバーランドクラブで今月の教室の試作でした。

ユキさんが体調をこわされていて、寝込んでいたにもかかわらず、それでもちゃんと準備してくださっていたので、試作をすることができました。
寝込んでいる母さんの変わりに、手伝ってくれたのは8歳の娘ちゃん。
とても、素直で利発な女の子で、本当にかわいらしい。
はじめは遊んでいるつもりで、いろいろ手伝いをお願いしてみたのですが、
気がつくとかなり、片腕となって働いてくれていました。c0154399_13442.jpg
道具のある場所や、段取りもよくわかっていて、8歳ってこんなに賢いの??と
心底感動しました。
私の8歳なんて、もっとぽかーんとして、全身からダメな子のオーラを発してたけど、
全然違う!
楽しい!たのしい!と何でも手伝ってくれて、とても助かりました。

なぜか一緒にドレミの歌を歌いながら、楽しくお菓子を作りました。


作っている間も、寝込む母にお水を届けにいったり、本当にその心遣いは素敵で愛らしくて、
8歳の女の子のあふれる母性に、きゅんとしました。

いっしょにマンゴープリンとがんづきを食べて、似顔絵とかを描いてプレゼントしてもらって、
楽しいお菓子作りの時間は終了。
いつの日か、ちびっ子お菓子クラスもやってみたいと夢膨らんだ楽しい時間でした。
アリガトウー。

娘ちゃん撮影、働く私→c0154399_1115134.jpg



夜はまた料理学校へ。

夜クラスの皆さんは、割と控えめで、グイグイお世話してくれるという感じではないのですが、
さりげなく教えてくれたり、にっこりしてくれたり、試食を取り分けてくれたり、やっぱりやさしいなーと感じることが多いです。
今日は、豚肉をタレに絡めて煮たものと、魚とトマトのスープみたいなものだったのですが、
どうも魚料理は日本の味を超えられるものが少ないような。

中途半端に魚を食べて、余計に日本の味が恋しくなって、こちらに来て初めて和食屋さんによるご飯をを食べに行きました。あー。やっぱり魚は和食だわ。
ベトナムの魚もそれなりにおいしいのですが、大半はあの素敵なカフェオレ色の川から来たと思うと、多少食欲も衰えます。

2ヶ月間、和食を食べたいと思うことはそれほどなくて、それは私にしてはかなり珍しいことでした。たぶん、ベトナムは米食なので、かなり救われています。
これが、朝はシリアルと牛乳!とかの国だと、3日で苦しくなるのですが。

和食でたっぷり充電されたので、また明日から、べトナム料理とどっぷり向き合いますよー!
[PR]

by nanaeota | 2008-08-07 00:23 | Comments(0)


<< 保険      夜の公園でチェー >>