オオタナナエ 台所生活+

nanaeota.exblog.jp
ブログトップ
2008年 08月 01日

蝋燭生活

1人オシャレにキャンドルナイト・・・。c0154399_21532748.jpg


ではなくて、停電です。

ハイ。

ここ最近、3日に1度くらいのペースで停電になります。
大雨の後は必ず停電。

私の部屋は窓もないので、外からの明かりは全くなく、本当に真っ暗です。
こんな時の最強のパートナーはパソコン!
普段バッテリーを満タンにしておけば、かなりがんばってくれます!
停電なのに、メールはできると言うのが、アナログな私にはちょっと理解できないことでもあるのですが。

外を見ても、ほとんどの家が停電で、キャンドルとかアルコールランプをつけてます。

私もこの国に来て、すぐにキャンドルとライターを買って、停電に備えていました。
備えがあっても、憂いがあるのがこの国。
思いがけず、キャンドルセットが早く登場しました。

冷蔵庫が霜だらけなのも、みんなあまり食べ物を買い置きしないのも、今となってはかなり納得。

そして、更に不思議なのは、停電なのは家の右半分だけなこと。
左半分はなぜか停電にならず。
どういうこと???
どんな配線なんだろう?

英語でもフランス語でも「停電」という単語を知りませんが、
ベトナムでは滞在1ヶ月にして、必要に迫られて覚えた言葉。
こうして、生活に密着した、登場頻度の高い言葉は覚えたくなくても覚えられるものです。

この暑い国で、部屋でキャンドルをつけて、扇風機も使えずにパソコンに向かっています。
電気はありがたいです。
停電を経験すると、水もガスも何もかもありがたくなります。

今日は久々にベトナム語クラスでした。
あいかわらず上達は感じられませんが、先生はいつも一生懸命だし、
とりあえず、この勉強が苦痛ではなく、楽しいと思えていることは幸いです。

今日は、本当にすごい雨でした。
ベトナムの雨は本当にすごくて、雨が降れば、人との約束や、その日の計画などは、
街中の排気ガスと共に、すべて流れます。

この街にどんなに高級車が溢れ、さまざまな進化を遂げても、きっとこの先当分は停電はなくならないのだろうなー。

なんて書いていたら、電気復旧!!

大家さんのおじさんが電気ついたよーとお知らせに来てくれました。
電気をつけたならば、床のゴキブリがササーッと走り去っていくのが見えて、鳥肌!
停電に気をとられると、今度はゴキブリ!
休まる暇がございません。
でも、ベトナムに来た当初は毎晩暑くて、何度も目を覚ましていたのに、最近は朝までぐっすり。言葉や習慣を覚える前に、体はベト化してきているようです。

当分はキャンドルの活躍の場がないことを祈ります。

仙台のキャンドル作家Aさん、おしゃれな停電用キャンドル輸出してください。
[PR]

by nanaeota | 2008-08-01 21:53 | Comments(2)
Commented by Aさんとは・・私でしょうか?? at 2008-08-02 13:33 x
名前にAがつくものです。
すこしだけキャンドルを作るのが得意です・・笑

いいね。停電用キャンドル。
すごく長持ちするタイプ。大きくて太いものかな?
芯も極太で。。
輸出もいいけど・・早く帰ってきて一緒に作ろうよー!!笑

そうそう・・カロリー食堂のひととき。間もなくだよ。
Commented by nanae at 2008-08-02 15:45 x
はい。たぶんアナタです。笑
そうなのよー。芯太くないとさ、光も弱いのねー。
私のやつ、アロマ用みたいな小さいやつだから、炎もか細くてさー。
帰国してから作るんじゃー遅いんだよねー。笑

カロリー食堂の!!!
すっかり忘れてた!!!
出版されたら、ページ写真とって送ってね。
この暑い国で、真冬のスカート履いた私と対面したいから!!


<< 学校も停電      ローカル料理学校へ >>